国道301号
part1

R153挙母町1交差点〜R151杉山北交差点
豊田市→岡崎市→豊田市→岡崎市→新城市

1.挙母町1交差点から走行を開始 2.片側2車線で始まる 3.左にチラリと写っているのは豊田スタジアム
 愛知県豊田市の市役所に近いR153R248R419R420との挙母町1交差点がR301の終点であり今回はここから走行を開始する。
 豊田市の中心部という事もあり交通量は多く交差点の四方全て車両の往来が激しい。そんな中で東に延びるR301はやや少ないように思える。しかし片側2車線と良く整備されており、この先に住宅地が広がっているので平日の通勤時間帯は交通量が多いのだろう。挙母町1交差点からすぐに矢作川を渡り豊田スタジアムの南を通過する。そのスタジアムへの入口となっている御立町1交差点では半数ほどの車両が左折していった。

4.片側2車線は愛知r340野見小西交差点まで 5.対面2車線となる 6.外環状線との泉町2交差点
 挙母町1交差点から約2.6km進んだ所の愛知r340野見小西交差点で左車線がそのまま左折車線となり、交差点を越えると対面2車線となる。前述の住宅地はまだ東にも広がっているため平日の通勤時間帯はおそらく渋滞が頻発していると思われる。しかし住宅地は国道から直接見えないため住宅地を走っているという印象は持てず、ただのアップダウンしている山道を走っている感じである。住宅地の中央部で外環状線との泉町2交差点を通過する。外環状線があるという事は内環状線もあり、先ほど通過した野見小西交差点でr340とともに交差しているのがそれである。

7.東海環状道・豊田松平IC 8.山間部に入る 9.愛知r39松平橋東交差点を右折
 泉町2交差点を過ぎると少なくない車両が右左折するためさらに交通量が減る。そんな状態で東海環状道の豊田松平ICを通過する。なお、東海環状道=R475ではあるがおにぎりは設置されていない。豊田松平ICから程なくして巴川を渡った先で愛知r39松平橋東交差点に突き当たり、右折して新城方面に進む。

10.巴川左岸を走る 11.r39簗場交差点を左折
 松平橋東交差点を右折すると巴川に沿って南に向かう。約1.0km走った所で簗場交差点に至り、ここを左折する。松平橋東交差点から簗場交差点まではr39との重複区間だが、直進するr39に対してR301が右左折するため県道の方が格上であるかのような印象を受ける。

12.簗場交差点からは上り勾配 13.豊田市林添町 14.豊田市松平は松平氏発祥の地
 簗場交差点を左折するとカーブの多いそこそこ急な勾配の上り坂となる。とは言え2車線+片側歩道と整備された状態で交通量が少ないため走りにくさはあまり感じない。両側を山に挟まれた谷筋をいくつかの集落を繋ぎながら東に進む。アップダウン・カーブともに多いが快走路と言える範疇で走りやすい。
 簗場交差点から約4.7kmで豊田市松平町を通過する。その名の通り、松平氏発祥の地で一帯が国の史跡に指定されている。ちなみに、かの徳川家康も一族のひとりであり、松平氏より徳川氏の方がより有名かもしれない。

15.日陰には雪が残る 16.集落内は平坦である事が多い 17.愛知r77根崎交差点
 松平氏発祥の位置を過ぎてからも山間部の快走路が続く。集落が途切れている箇所ではアップダウンが激しいものの集落内はカーブはあっても勾配はごく緩やかである。道路状況が良いため集落内外問わず走りやすい。
 愛知r338交差点付近からは郡界川に沿って快走路を東に進む。その名称の通り一部は豊田市と岡崎市との境となっており数キロ先が市境となっている。そんな状況の中をR301は東に向かって伸びており、旧下山村の中心部付近で愛知r77との根崎交差点を通過する。

18.徐々に積雪範囲が広くなる 19.愛知r336交差点
 道路状況が劣悪でなく勾配もきつくないせいで山間部に入ってきている印象は薄いが、標高は400mを越えており簗場交差点付近との標高差は300mに達している。そのため次第に積雪が目立つようになり日陰であれば歩道や路肩への積雪も認められるようになる。普段の降積雪具合は不明だが、走行日の前日に発達した低気圧によって太平洋側平野部においても降雪した事を付け加えておく。

20.R473交差点を直進 21.R473重複区間 22.R473交差点を再び直進
 簗場交差点から約17km、挙母町1交差点から約25kmでR473との交差点となる。ここからR473との重複区間となるが、その距離は非常に短く150m程でありR473が分岐する交差点が既に見えている。大桑川の手前でR473が分岐して短い重複区間が終わる。R301はどちらの交差点も直進である。

23.岡崎市に入る 24.岡崎市に入ってすぐに狭くなる 25.広狭が混在
 R473と分岐してから約600m進むと岡崎市に入る。川を渡って右に大きくカーブした先にはこれまでの2車線快走路とは大きく異なる1.0車線狭路が待ち構えていた。これまでがこれまでだけにこの落差は大きい。狭路区間の中にもセンターラインが引かれている箇所もないわけではないがその距離は短い。

26.乗用車同士であれば何とか離合可能 27.愛知r35交差点の西側からは2車線 28.新城市に入る
 左手に大桑川を見ながら進んでいると2km程で狭路区間は終わる。一たび狭路が終わると後はアップダウンのある2車線快走路となる。左手には狭路区間から継続して大桑川が流れているが、この川が岡崎市・豊田市の境となっている。それだけであれば特に珍しい市境という訳ではないが、ここでは集落の中を川が流れているため集落内に市境が存在する事になる。もっとも集落と言っても大きなものはないのだが。
 愛知r333交差点を過ぎて上り坂を上っていると新城市に入る。

29.新城市に入ると路面に雪あり 30.新城市作手中河内 31.愛知r35田原交差点を右折
 新城市に入ると路面に僅かながら積雪があり日陰という事もありやや凍結していた。愛知県と言えど山間部では路面積雪があるようなので油断はできない。この時は市境の山道を抜けて集落に入ると路面の積雪はなくなっていた。が、気温が低かったため日が当らない所には雪が残っていた。市境から約5.2kmで愛知r35交差点に突き当たり右折して豊橋・豊川方面に向かう。

32.旧作手村内の快走路を走る 33.道の駅「つくで手作り村」 34.下り8%勾配
 r35交差点を右折してからは平坦な2車線快走路となっており非常に走りやすい。快走路を4.6km程走ると道の駅「つくで手作り村」を通り過ぎる。道の駅のすぐ傍の交差点を右折すれば本宮山スカイラインに至る。その名の通り、本宮山の北側の稜線を走るドライブウェイで以前は有料道路だった。野郷集落を抜けると上り勾配となる。上り急勾配8%の警戒標識が立っているが、実際はそんなにあるかどうかはあやしいところ。

35.新城市作手保永 36.山間部はやや積雪が目立つ 37.愛知r527(本宮山スカイライン)との和田交差点
 野郷集落を抜けると上り急勾配となりカーブも急なものが多くなる。戸津呂集落の前後では勾配はやや落ち着くものの逆に急カーブが連続している。和田集落を抜けると本宮山スカイラインの一部の愛知r527との交差点を通過する。

38.山道区間に入る 39.勾配は10%にまで達する 40.新城市街地が遠望できる
 和田交差点から先は旧作手村と旧新城市との境となっていた区間に入るせいか、急勾配・急カーブの峠道となる。主だったカーブにはカーブ番号ではなく干支の動物が割り当てられている。つまり全部で12のカーブがあるということだろう。その途中には新城市が一望できる場所があり、市街地との高低差を実感できる。

41.ヘアピンも複数あり 42.第二東名建設現場を通過 43.一部に転回禁止規制が敷かれている
 市街地を望んだ後に左ヘアピンカーブをで標高を下げる。その後も下り続けて第二東名建設現場を通過する。橋脚を建設している段階だが、R301に接続するインターを造っている気配は感じられない。第二東名建設現場を通り過ぎて急カーブを2ヶ所通過するとその後はカーブが落ち着く。
 ところでこの旧作手村・旧新城市との境付近は転回禁止規制が敷かれている。急カーブの多い峠道なのでそれ自体は珍しい事ではないが、峠道区間の全てにおいて規制が敷かれているのではなく規制されている区間とそうでない区間とに別れている。路上にタイヤ痕がないのはこの規制とセンターライン上のキャッツアイのおかげだろうか。

44.集落に入ってからも転回禁止規制区間あり 45.新城市杉山 46.R151杉山北交差点
 旧新城市の最初の集落である。臼子に入ると勾配ヶほとんど感じられなくなりそしてカーブもなくなる。ゴルフ場を突き抜ける愛知r21との信号のない交差点を通り過ぎてしばらく走っているとR151との杉山北交差点に至る。なお、この杉山交差点はR151バイパスとの交差点で旧道との交差点は少し先の杉山交差点となっているが既に国道から降格している模様。

国道301号 part2