国道456号
part1

R4南大橋交差点〜R283高松交差点
盛岡市→紫波町→花巻市

1.R4・R396南大橋交差点 2.R396・R456串刺しおにぎり 3.北上川沿いを走る
 岩手県盛岡市の中心部から見て南に位置するR4R396南大橋交差点がR456の起点だが、R396に重複しているため案内標識におにぎりは表記されていない。交差点の名称の元の南大橋はR4の花巻方面にあり、対になる北大橋は盛岡市の中心部の北にある(R4・R281R282重複区間)。
 南大橋交差点からR396との重複区間を走り始めると片側2車線と整備された道路状況であり、昼間であれば交通量も多い。案内標識におにぎりは表記されていなかったもののR396とR456の串刺しおにぎりは設置されている。起点もしくは終点から単独分岐するまでの区間におにぎりが設置されているのは珍しい。

4.盛岡市門 5.R106宮古盛岡道路(都南川目道路)手代森IC・岩手r36都南大橋東交差点 6.左側車線が減少
 片側2車線道路を走っていると約3.1kmでR106宮古盛岡道路(都南川目道路)との手代森IC&岩手r36都南大橋東交差点を通過し、直後に左側車線が減少する。案内標識の都南川目道路におにぎりは表記されていないが、R106のバイパスという位置付けの高規格道路である。右折にE4東北道の盛岡南ICが案内されているが、直結しているのではなく約4.3kmの距離がある。また、r36には岩手r502が重複しており以南はR456(とR396)に重複となるが、これは盛岡矢巾自転車道線という自転車道である。

7.岩手r36交差点 8.岩手r502が分岐 9.都南中央橋東交差点
 対面2車線道路になり程なくして岩手r36との交差点を通過して重複区間が終わる。少しだけ北上川沿いを走り、川から離れると同時に岩手r502が分岐する。平坦な直線道路を走っていると市道との都南中央橋東交差点を通過する。右カーブの手前から上り勾配となり、左カーブの途中で堤防上を通ってきたr502が交差し、以降は再び重複区間となる。

10.串刺しおにぎりは複数ある 11.岩手r502交差点 12.岩手r208徳田橋東交差点
 北上川と高陣山の間を通ると岩手r502がまたしても分岐して堤防上を進む。その後岩手r208徳田橋東交差点を通過する。r502はr208に重複しており、R4との矢幅駅入口交差点が終点である。

13.旧道との交差点 14.乙部舘橋 15.岩手r208交差点
 徳田橋東交差点を通過して左カーブを曲がった先で旧道と思われる市道との交差点を通過する。アップダウンしている2車線道路を走っていると乙部舘橋を渡った後に岩手r208交差点を通過して重複区間が終わる。

16.紫波町に入る 17.旧道と合流 18.R396東長岡交差点を右折
 緩やかな勾配を上って名もなき峠を越えると紫波町に入り、勾配を下り切った所で旧道と合流する。その後程なくして東長岡交差点を右折して花巻・紫波方面に進むと起点から続いていたR396との重複区間が終わる。交差点がカーブしているうえに右折車線が設置されていないため、右折する際は対向車の存在と動きに細心の注意を払わなければならない。

19.町道との交差点を通過 20.直線道路を快走 21.岩ノ沢集落
 東長岡交差点から約500mで町道との交差点を通過するが、ここを左折するとR396に行く事ができる。その後はほぼ平坦な直線道路を南西に向かって走る。北上川の対岸にはR4があり、概ね並走と言える状態のためか交通量は非常に少ない。

22.旧道(?)への右折は不可 23.岩手r25交差点 24.右折するとR4と日詰駅に行く事ができる
 紫波第二中学校の南西端で旧道らしき町道が接続している左カーブを曲がるが、見通しが悪いためか右折は禁止されている。周辺の家屋が増えた所で岩手r25交差点を通過する。元々は東の遠野・早池峰山方面と西の紫波方面は50m強ずれていたが、東側の経路が変更されて十字形状になっていた。バリケードや看板が設置されている事から、切り替わったのはごく最近のようである。r25交差点を過ぎてからもほとんど勾配のない2車線道路が続く。

25.岩手r228交差点 26.彦部橋 27.「新花巻駅14km 花巻空港14km 花巻IC15km」
 やや急な右カーブを曲がった直後に岩手r228交差点を通過する。かつてはr228が直進でありR456が右折しなければならなかったが、r228の経路変更が行われて少し南で交差するようになりR456が道なりの形状に変わっている。
 彦部橋を渡ってからは緩やかなアップダウンを繰り返すようになるが走りやすさはほとんど変わらない。案内標識に新花巻駅と花巻空港、花巻ICまでの距離が表記されているが、前2者が14km、後者が15kmと近い距離にある事が分かる(あくまで標識の位置からの距離であって3つがそれぞれ近接している事を意味している訳ではない)。

28.東北新幹線 29.花巻市に入る 30.東北新幹線(2ヶ所目)
 東北新幹線の跨道橋をくぐって左カーブを曲がると姉市川に架かる境橋を渡る。橋梁の名称が示す通り、紫波町と花巻市の境であり以南は花巻市域である。家屋と田畑が混在する中を走っていると再び東北新幹線の下をくぐって右カーブを曲がる。

31.東北新幹線(3ヶ所目) 32.岩手r102交差点 33.野崎集落
 東北新幹線の高架橋と並走した後に右カーブを曲がってその下を通った後に岩手r102交差点を通過する。以降は緩やかなカーブを繰り返す2車線道路を快走する。交通量も少なく非常に走りやすい。

34.水田の中を走り抜ける 35.多少のアップダウンあり 36.東北新幹線に近付く
 北上川と東北新幹線の間を南下するが、双方とも若干離れているため視界に捉える事はできない。規模の小さい集落を通り抜けながら水田の間を走っており、東北新幹線が見えてくると新稗貫川橋を渡り、以降は並走状態になる。

37.岩手r214交差点 38.東北新幹線(4ヶ所目) 39.東北新幹線の東側を並走
 岩手r214交差点を通過し、東北新幹線の西隣を並走する。右にカーブして新幹線から一旦離れるもすぐに左カーブを曲がって高架橋をくぐり、以降は東の少し離れた位置で並走する。

40.岩手r224交差点 41.東北新幹線(5ヶ所目) 42.北上川に流れ込む川を渡るたびにアップダウンがある
 東北新幹線から徐々に離れて行く途中で岩手r224交差点を通過する。その後は多少カーブがあるものの緩やかなものばかりで走りにくさは感じない。5ヶ所目となる新幹線の交差箇所を過ぎるとアップダウンしているもののこちらも緩やかなため走りやすさは変わらない。

43.岩手r286交差点 44.岩手r286旧道との交差点 45.矢沢踏切
 岩手r286との交差点を通過するが、以前は約200m南で交差している道路がr286に指定されていた。東側にバイパスができた後に経路変更が行われたと思われるが、2024年2月時点のウォっちずでは古い情報のままであった。r286旧道との交差点の直後にJR釜石線の矢沢踏切を通過する。500m弱東に新花巻駅がある。

46.E46釜石道 47.名もなき峠を越える 48.R283高松交差点を左折
 E46釜石道の下をくぐる辺りから緩やかな上り勾配が始まる。名もなき峠を越えて下っているとR283高松交差点に突き当たり、左折して釜石・東和方面に進む。R283との重複区間となるが、案内標識にR456のおにぎりも表記されているためルートミスする可能性は低い。

国道456号 part2