国道254号
part4

R141跡部交差点〜R19平瀬口交差点
佐久市→立科町→長和町→上田市→松本市

133.跡部交差点以西は片側2車線 134.左側車線がなくなる 135.R142・R254串刺しおにぎり
 R141・R142跡部交差点から西はR142との重複区間となっている。交差点直後から片側2車線となりその舗装面が新しい事から多車線化されてまださほど時間が経っていないものと思われる。それを裏付けるかのように、跡部交差点から1.6kmで中部横断道の佐久南ICとなる。佐久小諸JCT〜佐久南ICは2011年3月26日開通と新しい路線である。
 佐久南ICから300mも進まない地点で左側の車線が合流してきて、以降は対面2車線となる。車線は減少するものの見通しが良い状態なうえに、元々の交通量がさほど多くないため走りやすい。

136.道の駅「ほっとぱ〜く浅科」 137.R142おにぎりの劣化が尋常ではない 138.新望月トンネル
 跡部交差点から約5.7km走ると道の駅「ほっとぱ〜く浅科」を通過する。「しもにた」同様に行楽シーズンの週末に賑わっていそうな道の駅である。以降もほぼ平坦な快走路を走るが、長野r150布施温泉入口交差点付近からは緩やかながら上り勾配が主体となる。長野r151交差点を通過して程なくして新望月トンネルをくぐる。“新”という冠が付いていることからも分かる通り、望月トンネルも存在しておりそれがr151として利用されている。この事からr151が旧道の一部であろう。

139.適度なアップダウンの快走路 140.長野r148交差点から先は立科町 141.R142芦田宿入口交差点を右折
 新望月トンネルを出てから旧望月町の市街地を迂回するルーティングで南から西にかけて走る。市街地を離れると適度なアップダウンとカーブが織りなす2車線快走路を走る。長野r148交差点の手前に市町境があり、交差点から先は立科町である。
 立科町に入ってからも2車線快走路が続いている。緩やかな上り勾配を走っていると跡部交差点から約18kmで芦田宿入口交差点となり、右折する事でR142から分岐して単独となる。交差点奥を右折する道路が国道だったが、バイパスが開通して交差点が移動した上に信号が設置されたようだ。

142.バイパス部分は2車線 143.旧道と交差 144.旧道交差後に狭くなる
 芦田宿入口交差点を右折すると2車線道路を上る。バイパスらしく切通された場所を一直線に走るが、旧道との交差点を越えてさほど走らないうちにセンターラインがなくなり1.5車線になってしまう。とは言え山岳部でもなければ谷筋でもないため明るい雰囲気が漂っている。

145.広狭が混在している 146.おにぎりもちゃんと設置されている 147.徐々に拡幅されている模様
 センターラインが現れたと思えばすぐに1.5車線幅になったりと広狭を繰り返しながら集落を走り抜ける。道路沿いに家屋が少ない場所は拡幅しやすいため2車線になっている事が多い。

148.長和町に入る 149.長和町側は急勾配 150.カーブも急なものが多い
 比較的長い2車線道路を走っていると名もない峠を越えて長和町に入る。長和町に入って程なくして岡森集落を通過する。佐久市側と比べて全て2車線なので道幅は広いが勾配がきつく急カーブも多い。岡森集落を抜けてしばらくは直線的だが、それも長く続かず急勾配・急カーブとなる。大型トラック・バスだと佐久方面への走行はあまり速度が上がらないかもしれない。

151.集落との高低差が分かる 152.R152有坂交差点を右折
 右の急カーブを曲がると山裾を一直線に下って左カーブを経て依田川を渡る。依田川以西は勾配は緩やかになり、アップダウンした後にR152有坂交差点に突き当たる。R254はここでも終わりではなく右折してR152と重複して松本・上田方面に進む。

153.R152重複区間 154.武石橋を渡ると上田市に入る 155.R152腰越上交差点を左折
 有坂交差点からは平坦かつ直線的な2車線と、まさに快走路そのものである。武石橋を渡って上田市に入ってからも快走路が続いている。長野r62交差点を通過して山裾を走っているとR152腰越上交差点となる。R254は左折して単独区間となって松本市を目指す。重複距離は3.1kmである。

156.腰越上交差点からは上り勾配 157.小屋坂トンネル 158.長野県道路公社設置の有料道路を示す案内標識
 腰越上交差点を左折した直後に上り勾配となる。約400m進むと緩やかな左カーブを描く小屋坂トンネルをくぐり、トンネルを出ると緩やかに下っていく。下りから平坦に変わる地点で長野r174和子交差点を通過する。交差点の手前には長野県道路公社が立てた有料道路を示す標識があり、「長野・松本・上田市街」と表記されている。このうちR254が通過するのは松本だけである(上田市は通っているが市街は通っていない)。

159.長野r65荻窪交差点 160.「13km先三才山トンネル有料道路」 161.上田市東内
 和子集落を抜けると長野r65荻窪交差点を通過する。右折すると長野県道路公社管理の平井寺トンネルを通って長野・上田市街地行く事ができる。こんな所に有料道路?!と思えるが意外に交通量は多いようだ。普通車が200円で、償還期限が30年なので2018年に無料になる予定である。
 荻窪交差点の直後に三才山トンネルまで13kmである事を示す標識が電光掲示板の下に付けられている。この三才山トンネルを含む区間も長野県道路公社が管理する有料道路である。内村川沿いの集落を結ぶようにしてごく緩やかな上り勾配主体に2車線道路を西に向かって進む。

162.鹿教湯トンネル 163.勾配がきつくなる 164.短いながら登坂車線あり
 長野r12鹿教湯交差点を左方向に進んだ直後に鹿教湯トンネルをくぐる。トンネルの西側の鹿教湯温泉を貫いている道路が旧道であろう事は想像に難くない。トンネルからは勾配がきつくなるが急勾配と言える程ではない。内村ダムに至る市道との交差点を過ぎて橋を渡った先で登坂車線が現れるがその距離は長くない。

165.熊倉沢に架かる橋が舗装工事中 166.橋の直後の笠岩トンネルも規制が続いている
 熊倉沢に架かる橋の東向き車線が舗装工事のため片側交互通行規制が敷かれていた。橋の直後にある笠岩トンネルも連続規制の対象となっていた。反対側の出口が見える短いトンネル(全長50m)なので待ち時間にさほど変化はないだろう。

167.三才山道路の料金所を通過 168.三才山トンネル手前に登坂車線あり 169.三才山トンネル
 孫六トンネルの手前の料金所で普通車500円の通行料金を払う。都道府県道路公社管理の有料道路の多くがそうであるようにETC非対応である。有料道路としての延長は8.5km程で普通車の料金が500円と少々高い気がしないでもないが、周囲にまともな東西を繋ぐ道路がないためその利用価値は充分にあるだろう。元々の償却期限は2005年だったが、同じR254の松本トンネルとの料金プール制により2021年まで延長されている。
 料金所を通過してすぐの孫六トンネルの全長は240mと短い。孫六トンネルを出て鹿教湯橋大橋を渡り終えるまではやや急な下り勾配だが以降は上り勾配となり登坂車線も設けられている。料金所から約1.2kmで三才山トンネルに入る。延長は2511mとR254の中で最長かつ最高地点を通るトンネルである。そのトンネルの中ほどで市境を越えて終点のある松本市に入る。

170.松本市に入ると下り勾配 171.旧道との交差点を通過 172.東向き車線には登坂車線がある
 三才山トンネルを出ると下り勾配となる。上り勾配の反対側車線は登坂車線が設けられている。登坂車線がなくなって程なくして旧道との交差点を通過する。谷筋の旧道の沿線には集落があるが、現国道沿いには集落はない。スーパーマップルにはこの旧道との交差点より東が三才山道路として有料色に塗られているが、交差点以西も三才山道路の一部のようだ。女鳥羽川右岸の急勾配を下っていると旧道と合流する。

173.「ここから松本トンネル有料道路」 174.有料道路沿線の集落には違和感がないでもない 175.夜間の大型車両は松本トンネルの通行をお願いされる
 三才山道路の終点は松本市三才山一の瀬にある小日向橋までであるが、橋から西は松本トンネル有料道路の区間に入る。有料道路と言えば沿線に通常の集落が存在しないのが常であるが、ここには三才山道路区間にも松本トンネル有料道路区間にも集落があるため有料道路という雰囲気は薄い。女鳥羽川沿いの快走路を走っていると大型車の皆様へのお願いとして夜間は市街地の騒音低減のため松本トンネルを利用するようにとの標識が松本市によって立てられている。なお、2012年8月現在は社会実験として全車種100円、夜間(22-6)は無料開放されている。

176.R143矢作交差点 177.松本トンネル 178.松本トンネル料金所
 三才山トンネルを出てから約7.4kmで旧R143でもある長野r284洞交差点を通過する。有料の松本トンネルをパスして松本市街地に行けるルートのひとつであり、左折する車両も少なくない。さらに約700m進むとR143との矢作交差点となる。ここも左折してR143に入る事で松本トンネルを通過する事なく松本市街地や長野市方面に向かう事が可能である。松本トンネルを回避できる最後の交差点である。
 矢作交差点からは交通量はかなり減少する。三才山トンネルを異なり容易にパスできる道路があるからだろう。左に急カーブしてトンネルを出ると料金所となる。三才山道路と同様にETCには対応していない。

179.急勾配を下る 180.JR篠ノ井線をオーバーパス 181.R19・R147・R403平瀬口交差点
 料金所を通過すると山裾を急勾配で下る。右カーブの途中でJR篠ノ井線を越えてさらに下り続ける。跨線橋からの右カーブを走っていると奈良井川の手前でR19R147R403との平瀬口交差点に至る。この松本市街地の北に位置する交差点がR254の終点である。なお、案内標識に表記されていないR403はR19長野市方面に重複している。