国道139号
part1

R1富士東IC〜R300赤池交差点
富士市→富士宮市→
→富士河口湖町

1.R1富士東IC 2.R1沼津方面からの側道と合流 3.静岡r76・r380今井交差点を右折
 静岡r76からR1富士東ICに入ろうとするものの案内標識は直進がr76と表示されている。富士東ICから南はR139のはずなのだが。R1富士由比バイパスが開通する以前はr76に指定された区間だったのだろうが、R1本線の案内標識はきちんとR139と表示されている一方でr76側のものは変更されてない。富士東ICからは中央分離帯があり片側2車線に見えなくもないが、右左折車線や合流車線なので実質は片側1車線である。富士東ICから僅か200m程先の今井交差点は右折である。

4.ごく普通の2車線道路 5.静岡r171吉原駅入口交差点 6.R1富士由比バイパスと東海道新幹線の高架をくぐる
 今井交差点からは普通の対面2車線道路になってしまう。交通量は多くもなく少なくもないという状況だが、曜日や時間帯によっては大きく異なるかもしれない。静岡r171吉原駅入口交差点を緩やかに右にカーブしながら通過してからR1富士由比バイパスと東海道新幹線の高架をくぐる。2つの高架は隣接しているため奥にある新幹線の高架をくぐったのは気が付かないかもしれない。

7.岳南鉄道と左富士交差点が隣接 8.静岡r396青島交差点を右折 9.晴れていれば正面に富士山が見える
 富士由比バイパス&東海道新幹線の高架から少し走ると岳南鉄道の踏切を通過するが、左富士交差点に近接しているため交差点の信号は列車の運行に連動しているようだ。そしてR139を富士市街地方面に走っている場合は右折できない。富士東ICから約3.7kmで静岡r396との青島交差点となるが、ここは右折しなければならない。直進のr396に向かう交通量も多いので案内標識を見ていないと直進してしまうかもしれない。ちなみに今井交差点から青島交差点まではR1の旧道に当たる区間であり、この青島交差点がかつてはR139の起点であった。
 青島交差点右折後は目の前に富士山を拝みながらの走行となる。走行した日は晴れて入るものの雲があったためその雄大な山容を見る事はできなかった。富士市役所の東を通過すると上りとなるが勾配は非常に緩やかである。

10.国久保2交差点は道なりに左前方へ進む 11.左に大きくカーブして進行方角を変える 12.R139西富士道路の富士IC
 市道との国久保2交差点の手前で北向き車線が2本になるが、このうちの左側を走り交差点を道なりに左にカーブするようにして通過する。その後も左カーブを描きながら勾配を上り、R139のバイパスの西富士道路と静岡r353との富士IC交差点を通過する。東名の富士ICは右折して西富士道路を経由して進入する。なお、西富士道路はかつては有料道路であったが、2012年4月1日に無料開放されている。

13.東名 14.住宅よりも飲食店が目立つ 15.新東名
 富士IC交差点を通過してから緩やかな右カーブを通過して東名の本線の高架をくぐる。富士市の中心部からは離れるため沿線の建物の密度は多少低くなるものの飲食店を中心に商業施設が多く交通量も多い。東名の高架から約2.7km走ると再び高架の下を通過するが、こちらは2012年4月14日に供用が開始された新東名である。R139現道との接続はなく、前述の西富士道路と新富士ICで接続している。

16.下り勾配の場所もある 17.富士宮市に入る 18.静岡r397・r414小泉権現交差点を右折
 新東名の高架からも2車線道路が続いており、緩やかにアップダウンしながらカーブの少ない状況を北西の方角に走る。青島交差点から約7.6kmで富士宮市に入り、約200m先の静岡r414小泉権現交差点を右折する。直進のr414も2車線でこのまま直進してもおかしくないような道路状況で、鋭い読者諸兄ならお気づきだろうがr414は国道の旧道である。

19.緩やかなカーブの上り勾配 20.静岡r76若宮南交差点 21.R139西富士道路・静岡r76小泉若宮交差点を左折
 小泉権現交差点からも2車線道路だが、歩道がなく両側に家屋が密集しているせいもあって狭く感じられる。また、意外に急な上り勾配となっており、旧道に対するバイパスにしては貧弱な道路状況と言わざるを得ない。静岡r76若宮南交差点を通過すると直線的な上り勾配の2車線道路を走る。小泉権現交差点から約1.1kmでR139西富士道路とr76との小泉若宮交差点となる。案内標識を見ると右左折がR139となっているが、右折は西富士道路であり富士市の市街地方面に戻ってしまう。R139のトレースは左折して富士吉田・朝霧高原方面に進む。

22.小泉若宮交差点からは片側2車線 23.静岡r180登山道入口交差点 24.外神交差点以北は左側車線が登坂車線になる
 小泉若宮交差点からは片側2車線道路を北西に進む。西富士道路を走っていれば富士IC交差点から続いて片側2車線道路を走る事になる。商業施設が多く建っている道路を走っていると静岡r180登山道入口交差点を通過する。この登山道は言うまでもなく富士山の登山道を指しており、行楽日和の休日には右折車両が多く見られ、それに合わせて通常よりも長い右折車線が設置されている。登山道入口交差点からも片側2車線道路が続いているが、外神交差点を過ぎると左側車線が登坂車線になる。が、実質的には片側2車線と変わりない。南向き車線は1車線だけである。

25.R469北山IC 26.かつて有料道路だったため標識が緑色 27.登坂車線区間は長い
 緩やかな上り勾配の上下3車線の道路を走っていると小泉若宮交差点から約6.8kmでR469北山ICを通過する。R469に案内されている地名は2008年時点では「富士山新五合目」だったが、「水ヶ塚」に変更されている。水ヶ塚ってどこだよという話になるが、静岡r152の裾野市内に水ヶ塚公園がある事からその辺りを指すものと思われる。こちらも富士山の裾野である。
 北山ICからも登坂車線が続いている。長い上りが続いているためこの登坂車線の存在はありがたい。遅い車に前を塞がれる事も、または自分が後続車に突っつかれる事も避けられる。元有料道路のため案内標識は緑色地のものが立てられている。

28.静岡r72上井出IC 29.上井出ICの側道分岐後に登坂車線がなくなる 30.駐停車は禁止
 登坂車線は静岡r72上井出ICの側道が分岐した先で右側の本線に合流する。対面2車線となったものの上りは続いているが、勾配はいくらか緩やかになっている。元有料道路ではあるがオレンジ色のセンターラインなので沿線に建物が少ない普通の2車線道路にしか見えない。駐停車禁止区間に設定されているのは有料道路の名残だろう。

31.まかいの牧場の前を通過 32.センターラインが白破線に変わる 33.静岡r75猪之頭入口交差点
 富士宮道路区間は富士山の西側を走っており、視線を右に向けると富士山を見る事ができる。沿線には観光スポットもありそれらに寄るために車を停める事によりドライバーでも富士山を眺める事が可能である。人知れず静岡r71をオーバーパスして2車線道路を走っていると内野交差点を通過し、さらに北進を続けていると静岡r75猪之頭入口交差点を通過する。

34.朝霧高原 35.ゆずり車線の北端の標高は800m 36.トイレと自販機を備えた駐車場あり
 猪之頭入口交差点と静岡r414交差点の間にはゆずり車線が約500mに渡って設けられている。勾配はさほど急ではないので登坂車線ではなくその名の如く遅い車が譲るための車線として機能しているのだろう。r414交差点からも非常に緩やかな上り勾配の2車線道路が続いている。標高は800mを超えているが山間部の荒々しさは一切感じられない。

37.パラグライダースクールがある 38.道の駅「朝霧高原」 39.標高900m超とは思えない風景
 朝霧高原の牧草地に囲まれた中を淡々と走る。牧場に放たれた牛の姿やパラグライダーの練習場なども見られる。県境に近い場所で道の駅「朝霧高原」を通過する。観光地であるため道の駅に似たような施設はいくつもあるが、24時間利用できる駐車場・トイレを備えているのは少ない。道の駅からも朝霧高原の中を走っており、やや急な右カーブで最後の集落である根原集落を通過する。

40.山梨県富士河口湖町に入る 41.本栖チェーン着脱場 42.下り5%勾配
 根原集落を通り抜けて少し走り標高978m地点で県境を通過して山梨県富士河口湖町に入る。それまでの高原から山間部を走るようになるが、勾配は比較的緩やかである。本栖チェーン着脱場を通過すると5%とやや急な勾配を下る。

43.R300本栖交差点 44.本栖交差点からは上り勾配 45.本栖交差点〜山梨r706交差点の間は急カーブが多い
 本栖集落のほぼ中央でR300本栖交差点を通過する。案内標識等に一切表記されていないが、本栖交差点以東はR300との重複区間である。R300が重複しているからと言って道路状況には大きな変化は見られず、緩やかな上り勾配の2車線道路を走る。城山の裾野を回り込むようにしている箇所は急カーブも多い。

46.青木ヶ原樹海 47.R300・R358赤池交差点
 山梨r706交差点を通過してからやや急な勾配を下るとR300・R358赤池交差点を通過する。R300と異なりR358はこの赤池交差点が終点であり3国道の重複区間とはならない。なお、本栖交差点の西には本栖湖、赤池交差点の西には精進湖があり、ともに富士五湖の一部である。

国道139号 part2