国道121号
part1

R123七井中央交差点〜R293下材木町交差点
益子町→真岡市→宇都宮市→壬生町→鹿沼市

1.R123七井中央交差点 2.R121・R294串刺しおにぎりあり 3.民家の間を走り抜ける
 栃木県南西部の益子町のR123七井中央交差点がR121の終点であり、ここから福島県を経由して山形県米沢市に向かって走る。番号が大きい国道との交差点が終点となっている事から想像できる通り、当初宇都宮市までだったものが延伸されている。
 七井中央交差点からR121に進むとR294と重複した状態で南に向かう。目指す米沢市は北に位置するのだがまず向かうのは南である。前述の通り追加指定された区間のため元々はR294単独区間であった。道路状況としては沿線には家屋が建ち並んでいるものの、緩やかなカーブと勾配の2車線道路で走りやすい。まずは100番代国道らしいスタートと言える。

4.栃木r41栗崎交差点を右折 5.益子町中心部を西進 6.役場西交差点を道なりに左へ進む
 約2.6km進むと栃木r41栗崎交差点となりR294とともに右折する。栗崎交差点からは益子町市街地の北を西進する形となり、町役場の近くも通過する。真岡鐵道の踏切を渡った先の役場西交差点は道なりに左に進む。案内標識もきちんと設置されているので迷う事はないだろう。

7.小貝川の堤防上を走る 8.益子駅入口交差点は道なりに右へ進む 9.R294のおにぎりしか設置されていない
 役場西交差点からは小貝川の左岸を南進する。益子駅の西で緩やかな右カーブを描きながら益子駅入口交差点を道なりに進む。右カーブを曲がり切ると進行方角を西に変えて小貝川を渡る。

10.R294塙交差点を右折 11.一旦北に向かう 12.栃木r255塙北交差点を左折
 西に向かって走っているとR294塙交差点に至る。この塙交差点を右折するとR294が分岐して単独区間となる。単独となっても信号が少ない2車線道路という点に変化はない。約600m進むと栃木r255塙北交差点を左折して宇都宮方面に進む。この塙北交差点を右折すると先ほど通った役場西交差点に至る。

13.真岡市に入る 14.栃木r163交差点を左折 15.r163清水交差点を右奥へ進む
 塙北交差点からも対面2車線道路が続いており、少し進むと真岡市に入る。真岡市に入って程なくして栃木r163との交差点に突き当たり左折し、約500mに渡ってr163と重複してから清水交差点を右折する。清水交差点は五差路となっており、R121は右奥の道路に右折しなければならない。

16.ローカル国道を快走 17.栃木r156飯貝交差点 18.R408BP井頭公園入口交差点
 清水交差点をちゃんと右折してからも2車線快走路が続いている。市の中心部から少し離れているため、沿線は水田が多く長閑な雰囲気が漂っている。緩やかなカーブの快走路を走っていると栃木r61との原町十字路交差点、栃木r156との飯貝交差点を通過する。そして、R408真岡バイパスとの井頭公園入口交差点に至る。2012年7月現在ではバイパスとしてはR121以南しか開通していないが、将来的には北に延伸され、おそらくは清原工業団地を通り抜けるのだろう。

19.アップダウンもあるが快走できる 20.栃木r46井頭公園西交差点を右折 21.「県道 宇都宮真岡線」
 井頭公園入口交差点からは沿線の民家が一時的に途切れてアップダウンのある状態を走る。江川を渡って勾配を上った所で栃木r46井頭公園西交差点となり右折する。その先には「県道 宇都宮真岡線」と書かれた標識が立っている。県道時代の名残かと思ったが、宇都宮真岡線はr46の事である。県道時代の名残と言えば名残だが、R121になる以前はr46の方が格上だった事が推測される。

22.R408下篭谷交差点 23.R121・R408串刺しおにぎり 24.R408上籠谷町交差点を左折
 井頭交差点西交差点から約1.1kmでR408の現道との下篭谷交差点となり、直進してR408と重複しながら北に向かって走る。沿線にはこれまでの普通の民家だけでなく中小規模の工場が目立つ。宇都宮市に入り、下篭谷交差点から約1.9km走った所で上籠谷町交差点を左折してR408が分岐していく。

25.桑島大橋で鬼怒川を渡る 26.上下線が分離する 27.間には江川放水路
 上籠谷町交差点からも引き続き2車線道路だが、沿線は工場ではなく水田となりローカル感が復活する。直線道路を走っていると桑島大橋で鬼怒川を渡る。今回は単に渡るだけだが、日光市北部においては鬼怒川沿いを走る区間もある。
 桑島大橋を渡ってから栃木r46・r158下桑島町交差点を通過し、その先で上下線が分離する。宇都宮市街地に近付いたため間に高架道路でも建設する予定があるのかと思ったが、間には高架道路ではなく江川放水路が流れている。放水路と言うからには人工的に造られたものだろうが、国道で挟んだ意図は不明。みずほの自然の森公園の入口に当たる市道(?)とのインター形式の交差点付近で上下線分離状態が解消され、以西は中央分離帯を備えた片側2車線となる。

28.R4BP瑞穂野南交差点 29.宇都宮環状道路の一部を構成 30.東北新幹線の高架下を通過
 片側2車線と整備状況が良くなって程なくしてR4の新4号バイパスとの瑞穂野南交差点を通過する。この瑞穂野南交差点から西は宇都宮環状道路の一部を構成しており、そのため片側2車線と整備されているものと思われる。なお、宇都宮環状道路は北がR119(バイパス)、東がR4(新4号バイパス)、南がR121、西が栃木r3の4種の道路によって環状になっている。宇都宮環状道路となった片側2車線を西に向かって走っていると東北新幹線の下をくぐる。

31.R4と東北本線はアンダーパス 32.R4の本線下をくぐる 33.塚山古墳アンダー
 東北新幹線をくぐったすぐ先で東北本線とR4の下を通るべくアンダーパスに差し掛かる。R4に入るには東北本線の直後で側道に逸れる必要がある。片側2車線のままR4をアンダーパスして再び地上に出てからも片側2車線が続いている。R4とは現道・バイパスどちらも立体交差だったが、その他の道路とは平面で交差している。塚山古墳アンダーをくぐると右にカーブしながら宇都宮市街地の南西を走る。

34.東武宇都宮線は跨線橋でパス 35.R121BP・栃木r2西川田本町交差点を左折
 塚山古墳アンダーからも片側2車線を走っていると東武宇都宮線を跨線橋で越える。その直後でR121BPと栃木r2との西川田本町交差点となる。直進も左折もR121と案内されているが、直進は宇都宮鹿沼道路という有料区間を走らなければならない。案内標識に有料道路がある旨の記述がないが、おそらくはそのままr3に進んで宇都宮環状道路を走る交通が大半を占めるため案内不要との判断なのだろうか。

36.栃木r2と重複 37.栃木r2・r65交差点を右折
 西川田本町交差点を左折すると栃木r2との重複区間となる。栃木県においては国道同士の重複に留まらず県道との重複もおにぎり+ヘキサを設置されている。宇都宮環状道路から外れた状態となるものの片側2車線状態は約2.0km先のr2・r65の交差点まで続いている。

38.R352まで8km、R293まで9km!? 39.雰囲気がガラリと変わる 40.栃木r3・r172上田交差点を右折
 r2・r65交差点を右折すると対面2車線となって勾配を上る。交差点からすぐに案内標識が立っているが、そこにはR293まで9km、R352まで8kmとされている。R293とR352のルートを知っていればおかしいと思うかもしれないが、おそらくR352はr3を経由した距離と思われる。r3・r172上田交差点ではR121は右折するのだが、直進のr3にはR352が案内されている事からあながち誤りではないだろう。

41.鹿沼市に入る 42.栃木r65と重複しているようだ 43.R121BP・栃木r6上石川交差点
 上田交差点からはようやく概ね北の方角に向かうようになる。栃木r155下石川交差点の少し南で鹿沼市に入り、2車線道路と淡々と走る。センターラインのない箇所もあるがこれは消えかけているだけで道幅そのものは2車線分ある。西川田本町交差点から約8.2kmでR121バイパスとの上石川交差点となる。西川田本町交差点を直進していれば宇都宮鹿沼道路を走り、東北道の鹿沼ICを通過して上石川交差点に至る。

44.東北道の上を通過 45.栃木r268(鹿沼環状線)との緑町3交差点 46.緑町3交差点以西は工場が点在
 上石川交差点を過ぎてすぐに東北道の上を通過し、ややカーブの多い2車線道路を走る。鹿沼市の中心部に入る手前で栃木r268との緑町3交差点を通過する。このr268は鹿沼環状線と呼ばれる道路だが、単体の県道としては東半分しか環状になっていない。

47.貝島橋を渡って市街地へ 48.市街地南端部を走る 49.R293・R352下材木町交差点を右折
 黒川に架かる貝島橋を渡ると鹿沼市の中心部に入るため沿線の建物は歴史を感じさせるもので歩道のない道路に密集しているためやや狭苦しく感じる。市役所の南でR293R352との下材木町交差点となる。案内標識には合計5つものおにぎりが描かれており異様な雰囲気を放っていると言わざるを得ない。しかしそのおかげでどの方角にどの国道が指定されているか瞬時に判断できる。下材木町交差点の東にR121、南にR293・R352、そして北にR121・R293・R352である。

国道121号 part2