国道26号
part1

R1梅田新道交差点〜R170上瓦屋交差点
大阪市→堺市→高石市→泉大津市→和泉市→泉大津市→忠岡町→岸和田市→貝塚市→泉佐野市

1.梅田新道交差点 2.梅新南交差点 3.阪神高速1号環状線
 大阪府大阪市の中心部でもある大阪駅・梅田駅の南に位置する梅田新道交差点がR26の起点である。交差点の北にR176、東にR1R163、南にR25・R26・R165、西にR2と合計7本もの国道が交差している国道の交差点の重鎮のような交差点である。ただし、案内標識にはR1、R2、R25、R176の4本しか表記されていない。R26はひとつ違いのR25とR165に重複しながら南に伸びている。
 梅田新道交差点からは南向きの一方通行だが、車線は合計6車線もある。約150m走るとR25・R165・R423梅新南交差点を道なりに進む。R423はR25・R26・R165の南向き一方通行道路に対応する北向き一方通行道路ではない。

4.大阪r168淀屋橋交差点の手前は8車線!! 5.4車線+側道2車線 6.R25・R165・R172本町3交差点
 堂島川に架かる大江橋を通過する際に阪神高速1号環状線の下を通り、大阪市役所のある中之島を通ってから土佐堀川に架かる淀屋橋を渡る。淀屋橋交差点手前では瞬間的ながら8車線にまで増加する。淀屋橋交差点とその手前の淀屋橋北詰交差点間の距離が短いこともあって長さより幅の方が広いように見える。
 淀屋橋交差点を過ぎると本線4車線と銀杏並木を挟んで両側に側道1車線ずつの合計6車線となる。大阪の不名誉な名物として路上駐車を思い浮かべる人も多いと思うが、本線に限って言うと路上駐車はあまり見られない。が、側道を一瞥すると早朝にもかかわらず多くの路上駐車車両が停まっている。約1.6km走り地下鉄・御堂筋線の本町駅の上でR25・R165・R172本町3交差点を通過する。

7.阪神高速13号東大阪線 8.和歌山まで67km 9.R25・R165・R308新橋交差点
 阪神高速13号東大阪線と中央通りの船場高架橋の下を通って少し走ると地下鉄・御堂筋線と鶴見緑地線の心斎橋駅の上でR25・R165・R308・大阪r173新橋交差点を通過する。暗峠で酷道として名を馳せるR308も起点は大阪の繁華街にある。

10.阪神高速15号堺線 11.高島屋の北を右へカーブ 12.四つ橋筋との元町2交差点を道なりに進む
 新橋交差点から約600m走ると道頓堀橋を渡り、阪神高速15号堺線の高架をくぐる。所謂ミナミと呼ばれる繁華街なので早朝にもかかわらず人は多い。梅田新道交差点から約3.7kmで目の前に南海鉄道のなんば駅が立ちはだかる。これを右斜め方向に進んで阪神高速1号環状線の高架下を通過し、直後の元町2交差点を左斜め方向へ進む。この元町2交差点までの御堂筋区間が南向きの一方通行規制が敷かれている。この御堂筋区間があるため、R26だけでなくR25もR165も車両では起点から終点方向へのトレースしかできない。

13.元町2交差点以南は片側3車線 14.R25・R165大国交差点
 元町2交差点から片側3車線の道路を走っていると約800m南のR25・R165大国交差点を直進する。この交差点でR25・R165が奈良・杭全方面に分岐し、以南は単独区間となる。梅田新道交差点から大国交差点までの約4.8kmはR25・R26・R165の3国道重複区間であるが、3つ串刺しおにぎりは設置されてない。

15.JR関西本線・大阪環状線 16.R43花園北交差点 17.花園北交差点からは片側2車線
 大国交差点からも片側3車線状態が続き、今宮高校の西側を通り過ぎてからJR関西本線と大阪環状線のガードをくぐる。その直後でR43花園北交差点を通過するが、ここで左端車線が左折専用車線となってしまうため、交差点以南は片側2車線道路になる。梅田新道交差点から花園北交差点までの区間の地下には大阪市営地下鉄の御堂筋線が走っており、元町2交差点〜花園北交差点の間は四つ橋線も走っている。花園北交差点以南は御堂筋線が西に向かうため四つ橋線だけが地下を走る状態になる。

18.南海汐見橋線 19.大阪r5玉出交差点 20.R479浜口交差点
 片側2車線の幹線国道ながら交差する市道が幹線道路となっているものも多く、信号でちょくちょく停められてしまう。南海本線と地下鉄堺筋線の天下茶屋駅の西を通過し、西成区役所の西を通過する。そのすぐ先の大阪r41岸里交差点の地下には四つ橋線の岸里駅がある。岸里交差点すぐ先で南海汐見橋線のガードをくぐり、交通量によってではなく信号のタイミングによって流れの悪い片側2車線道路を走る。
 玉出駅の上の大阪r5玉出交差点からは大阪市住之江区に入るが、ここで四つ橋線は東に向かうため地下鉄並走区間が終わる。住吉公園の西側を通り過ぎてから程なくしてR479との浜口交差点を通過する。このR479は番号に似合わず内環状線と呼ばれる幹線国道として存在している。

21.引き続き片側2車線道路を走る 22.阪神高速15号堺線の高架下に大阪r179北島交差点 23.大和川大橋
 浜口交差点から南も交通量の多い片側2車線道路が続いている。国道の西を並走していた阪神高速15号堺線が徐々に接近してきて、大阪r179北島交差点の上で国道を横切って東西が入れ替わる。その前後に住之江出入口(環状線方面への入口、堺方面への出口)があるが、R26には直結しておらず短距離とは言え市道を経由する必要がある。北島交差点から緩やかな上り勾配となり、大和川に架かる大和川大橋を渡って堺市堺区に入る。

24.大和川大橋からは堺市堺区 25.R26と言えども冬期は凍結する可能性あり 26.大阪r12・r29戎島町交差点
 大和川大橋からの勾配を下っていると左側に広大な敷地の工事現場が見える。西の二桁国道と東の南海七道駅に挟まれた利便性の良い場所なので、どうせイオンモールだろうと思って帰宅後調べたらやはりイオンモールだった。2016年3月1日にオープン予定とのこと。堺市に入ってからは沿線には商業施設が目立つようになる。大阪r29との北公園前交差点を通過した直後に大阪r12・r29戎島町交差点を通過する。r29は路線名を大阪臨海線と言い、大阪市の市街地は新なにわ筋と呼ばれる幹線道路で市街地以南も改良された道路のため、R26よりも走りやすいらしい。

27.大阪r34・r195大浜北町交差点を左折 28.南海本線 29.大阪r197宿院交差点
 南海の堺駅の西を通り過ぎた所で大阪r34・r195大浜北町交差点に至る。R26はこの交差点を左折するのだが、直進のr34が旧道である事は容易に想像できる。国道から府道に降格しているもののR26やr29と並んで南北を結ぶ主要道路として機能している。
 大浜北町交差点からは本線2車線に側道1車線が上下それぞれにあり、合計6車線道路となっている。南海本線の高架をくぐってからもその状態が続いている。大阪r197宿院交差点では阪堺電気阪堺線の軌道敷を通過する。

30.安井町交差点を右折 31.平面道路と高架道路に別れる 32.平面道路も片側2車線
 大浜北町交差点から約1.3km走り、阪神高速15号堺線の高架の下のR310安井町交差点を右折する。交差点の直後に平面道路と高架に上る道路とに別れる。高架への道路は自動車専用道路であり阪神高速の入口に見えるが、阪神高速は堺ランプまでで以南はR26のバイパスである第二阪和道路の高架部分となっている。R26トレースにおいてはどちらを通っても国道を走る事になるが、今回は平面道路を走行している。片側2車線の高架道路に対して、平面道路も橋脚を挟んで片側2車線と幹線道路らしい道路状況となっている。

33.堺市堺区東湊町6"丁" 34.大阪r34浜寺石津町東2丁交差点 35.大阪r206石津神社前交差点では右側車線を走る
 第二阪和道の高架の橋脚を挟んで上下線が分離した状態を走る。平面道路ではあるが片側2車線と都市型幹線国道らしい整備状況である。大阪r197大仙西町2交差点を通過し、片側2車線道路を南西の方角に走る。堺市西区に入ってすぐに大阪r34との浜寺石津町東2丁交差点を通過し、左カーブした先で再び堺区に入る。堺区内で大阪r206石津神社前交差点を通過するが、ここで左側車線がr206の左折車線兼市道への直進車線になってしまうため、R26トレースは右側車線を走っている必要がある。

36.高架道路との合流後は片側3車線 37.大阪r28バイパスとの浜寺中学校前交差点の跨道橋は片側2車線 38.大阪r28現道との浜寺南町3交差点は平面交差
 片側1車線になって石津川を渡った所で再び堺市西区に入り、片側2車線の高架からの道路に合流する。合流と言っても平面道路の1車線はそのまま走行車線になるため、引き続きR26を走るのであれば無理な車線変更をする必要はない。しかし、大阪r28のバイパスとの浜寺中学校前交差点の上を通る跨道橋が片側2車線のため真ん中もしくは右側車線を走っていないと跨道橋を走る事ができない。跨道橋から平面道路に戻ると浜寺中学校前交差点からの道路が合流してきて片側3車線に戻る。その状態で大阪r28の現道との浜寺南町3交差点を通過する。

39.JR阪和線支線(羽衣線) 40.高石市に入る 41.大阪r36バイパスとの葛の葉町北交差点&堺泉北道
 交通量と信号機付きの交差点が多い片側3車線道路を走っているとJR阪和線支線の羽衣線のガードをくぐる。支線という文字が示す通り鳳駅から東羽衣駅の間の一駅間のみの路線である。羽衣線のガードから南も片側3車線道路が続いており、富木駅の西で市境を通って高石市に入る。
 高石市に入ってからも道路状況や周辺の様子は変わらない。商業施設が並ぶ幹線道路然とした雰囲気の中を走る。大阪r219バイパスとの西取石5交差点、r219現道との西取石交差点を相次いで通過した後に大阪r26バイパスとの葛の葉町北交差点を通過する。葛の葉町北交差点の上には高架道路が横切っているが、これはr34ではなく大阪府が管理する堺泉北道である。この葛の葉町北交差点の前後は泉大津市である。

42.和泉市に入る 43.大阪r36現道との池上町交差点は平面交差 44.泉大津市豊中
 葛の葉町北交差点からほんの少し走ると和泉市に入る。泉大津市域は交差点前後だけのため市境標識は設置されておらず、交差点の北に高石市、南に和泉市とずれた位置に市境標識がある。大阪r38バイパスとの池上曽根遺跡前交差点と大阪r36現道池上町交差点の付近は飛び地を含め泉大津市と和泉市の市境が短距離で入れ替わる場所であるが、全て市境標識は設置されておらず普通に走る分には和泉市を走っているという認識しか持てない。なお、バイパスと現道とが併存している府道が存在しているのだが、北からr36バイパス(葛の葉町北交差点)、r38バイパス(池上曽根遺跡前交差点)、r36現道(池上町交差点)、r38現道(穴田交差点)と番号と順番が一致していないので違和感を覚える。

45.R480・大阪r38穴田交差点は泉大津高架橋で越える 46.泉大津高架橋 47.忠岡町に入る
 安井町交差点から約11.1km走るとR480・大阪r38穴田交差点を泉大津高架橋でオーバーパスする。この穴田交差点自体は泉大津市域に属しているが、交差点の東に市境があるためR480に進むと和泉市に入る。泉大津高架橋を降りた直後にも2ヶ所市境を跨いでいる。
 泉大津高架橋から平面道路に降りて片側3車線道路を走っていると槙尾川を渡った所で左側車線が減少して同時に忠岡町に入る。このように片側3車線区間があるとは言え、跨道橋を通過するたびに平面の交差点用の側道になってしまうため、実質的には片側2車線と思っておいた方が良いかもしれない。沿線に商業施設が多いため左端車線を走る車両もそれなりに多い。

48.岸和田市に入る 49.岸和田市小松里町 50.大阪r39府立和泉高校東交差点は立体交差
 忠岡町は細長い形のため600m程走れば岸和田市に入ってしまう。市町境を越えてすぐに大阪r40中井町を跨道橋で越えて以降は片側3車線道路となる。岸和田市の南部、JR阪和線の東岸和田駅の近くで大阪r39府立和泉高校東交差点の跨道橋まで片側3車線道路である。なお、岸和田市内にもかかわらず和泉高校という交差点名称となっているが、これは誤りではない事を付け加えておく。

51.貝塚高架橋で水間鉄道等を越える 52.大阪r40畠中2交差点はr40が跨道橋 53.おにぎりは意外に少ない
 府立和泉高校東交差点の跨道橋からは片側2車線道路を南進して貝塚市に入る。貝塚市内もこれまでと同じような風景が続いており特に目新しいものはない。貝塚市の中心部付近で水間鉄道と越える高架道路を走るが、これまで何箇所も跨道橋を通ってきたR26なので物珍しさは皆無である。跨線橋の先の大阪r40畠中2交差点はこれまでの主要地方道との交差点と異なりR26ではなくr40が跨道橋となっている。

54.泉佐野市に入る 55.大阪r64鶴原南交差点 56.R170・大阪r20上瓦屋交差点
 大阪r64堤交差点を通過して片側2車線道路を走っていると見出川を渡って泉佐野市に入る。大阪r241加支多神社東交差点を通過すると左にカーブしてからr64鶴原南交差点を通過する。2ヶ所のr64との交差点はバイパスと現道との交差点ではなくどちらも現道の交差点である。鶴原南交差点から程なくしてR170・大阪r20上瓦屋交差点を通過する。この交差点は泉佐野高架橋でオーバーパスできる。

国道26号 part2