国道480号
part1

R26穴田交差点〜鍋谷峠
泉大津市→和泉市

1.R26・大阪r38穴田交差点 2.和泉市に入る 3.和泉府中地下道でJR阪和線をアンダーパス
 R480の起点はR26・大阪r38との穴田交差点である。既に絶版となっている道路時刻表には和泉市となっているが、その後の区画整理によって泉大津市になっている。バイパスが開通して起点(終点)が移動する事はあるが、位置は移動せずに市境が移動するというパターンは珍しいように思う。
 穴田交差点から片側2車線道路を僅か80m程進むと市境を通過して和泉市に入り、和泉府中地下道でJR阪和線をアンダーパスする。前回走行した2008年は地下道はなく踏切でありしかも対面2車線だったため、深夜早朝を除いて渋滞が発生しているような厄介な場所であった。なお、アンダーパスを通らず側道に進んでも踏切を通って通り抜ける事は可能である。

4.大阪r30和泉市役所北交差点 5.市道との交差点を左折
 和泉府中地下道を出た直後に大阪r30和泉市役所北交差点を通過する。交差点の名称が示す通り、市役所に近い場所であるが地理的には和泉市の端である。片側2車線道路で国府小学校の横を走っていると市道との交差点を左折しなければならない。直進の市道が4車線道路であるうえに案内標識がないため、事前にルートを確認していないと直進してしまう可能性が非常に高い。

6.市道との交差点からは対面2車線 7.大阪r30のバイパスと交差 8.大阪r38阪本町交差点
 舗装の凹凸の多い2車線道路を走って和泉市立病院の北側を通過する。大阪r30のバイパスとの交差点付近からは沿線は家屋と田畑が混在しており、市役所が近いとは思えないような長閑な風景の中を走る。前述の4車線の市道が南を並走しているせいか、意外に交通量は少ない。大阪r38阪本町交差点を通過するが、穴田交差点から重複していた事になる。

9.おにぎりの数は多い 10.大阪r38・r223室堂町北交差点&阪和道&泉北高速鉄道 11.室堂町北交差点以降も道路状況に変化なし
 阪本町交差点からは進むにつれて沿線の建物が増えていく。和泉中央駅と光明池駅のほぼ中間で大阪r38バイパスとr223との室堂町北交差点を通過するが、その上には阪和道と泉北高速鉄道の高架が通っている。高い方が阪和道で低い方が泉北高速鉄道である。なお、r38バイパスとr223は阪和道と泉北高速鉄道を間に挟む形で上下線が分離しており、R480よりも整備された多車線道路である。そんな道路との交差点を通過してからもR480の道路状況はほとんど変化しない。

12.大阪r216和田町交差点を右折 13.大阪r223和田南交差点 14.緩やかなアップダウンあり
 室堂町北交差点から約1.2kmで大阪r216和田町交差点に至るが、ここは鈍角に右折して富田林・河内長野方面に進む。和田町交差点からも対面2車線道路が続いており、沿線の家屋も結構建っているという点においてはこれまでと変わらないが、アップダウンがある点が異なる。とは言えその勾配は緩やかであり自転車ならともかく車であれば特に旧と感じる程ではない。

15.広域農道(?)との交差点を通過 16.国分バイパス 17.国分トンネル
 広域農道(市道?)との交差点を通過すると右にカーブして国分バイパスを走る。バイパスと言っても沿線に家屋が建っており、つい最近開通したバイパスでない事が分かる。上り勾配になってから家屋が途切れ、さらに進むと国分トンネルをくぐる。

18.R170現道との槇尾中学校前交差点を右折 19.R170外環との槇尾中学校南交差点を直進
 国分トンネルからの勾配を下っているとR170現道との槇尾中学校前交差点に突き当たる。案内標識にはR170のおにぎりしか表記されていないが、R480は右折しなければならない。左折方向は地名が消されているが、おそらく高槻・寝屋川となっていたと思われる。
 槇尾中学校前交差点から緩やかに左にカーブした先でR170外環との槇尾中学校南交差点に至る。ここでは三方向ともR170となっているが、R480が重複しているのはおそらく直進の現道である。

20.大阪r228BP交差点 21.大阪r228BP交差点以降は1.5車線幅 22.大阪r228現道との交差点
 槇尾中学校南交差点からも2車線道路だが、大阪r228のバイパスとの交差点を過ぎるとセンターラインがなくなり1.5車線幅と少々狭くなってしまう。その後2車線となるもすぐに狭くなり、大阪r228の現道との交差点を通過する。r228の現道は県道色に塗られていない地図もあり、市道に降格している可能性がある。

23.集落内の狭路を走る 24.集落を出ると2車線 25.R170現道との大野町交差点を左折
 集落が密集した間を1.5車線幅道路で通り抜ける。一般的に言えば交通量が少ないと言える状況だが、集落を通っている故に対向車との遭遇は避けられない。集落を出る直前にセンターラインが現れて2車線道路になり、集落を出てもその状態が続いている。槇尾中学校南交差点から約2.4km走るとR170現道との大野町交差点に至る。R480は左折して粉河方面に進む。なお、槇尾中学校南交差点から大野町交差点にかけての区間はR170外環が並走しており、外環を走れば2車線以上の道路を走る事ができる。

26.ゆずり車線という名の登坂車線 27.逢野トンネル 28.逢野トンネルからは下り勾配
 大野町交差点を左折すると緩やかに右にカーブして上り勾配となる。左側に交差している道路があるが、これが旧道である。登坂車線として機能しているゆずり車線が終わると逢野トンネルをくぐり、大野町集落の西側をバイパスらしい走りやすい2車線道路で南下する。

29.父鬼バイパス工事のため現道は通行不可 30.建設中のバイパスが迂回路に設定されている 31.(仮称)第二トンネルの手前を右折
 旧道と合流し緩やかな勾配とカーブの2車線道路を走っていると、やや急な左カーブに歩道はあるがセンターラインのない道路が交差している。父鬼バイパスの一部で供用はされていないのだが、現道の側川バス停付近が工事のため通行止になっており、未供用のバイパスが迂回路に指定されている。中央分離帯の代わりにパイロンが置かれている2車線道路を走り、現道と合流する交差点を右折して国道に復帰する。交差点の前方には(仮称)第二トンネルが見えており、父鬼バイパスが開通すれば右左折は解消されると思われる。

32.バイパス交差点付近は現道も工事中 33.「この先3km 国道山間部 大型車は 通行不可」 34.父鬼集落
 バイパスとの交差点を右折した直後も山側が工事されており片側交互通行規制が敷かれていた。その後意外にもセンターラインが現れて2車線道路となるが、集落に差し掛かると1.5車線狭路になってしまう。集落の手前に3km先から大型車通行不可という青色の警告看板が立てられているのが確認できる。

35.大阪r226交差点は一時停止しなければならない 36.大阪r226交差点以降は2車線区間あり 37.上り勾配が続く
 父鬼集落の中を小刻みなカーブが多い上り勾配の1.5車線狭路を走っていると大阪r226との交差点を通過する。案内標識に反して十字形状の交差点だが、県道と市道(?)ではなくR480に一時停止の義務がある。r226交差点からはセンターライン付きの2車線道路になるが勾配が急になる。相変わらずカーブが多いがヘアピンカーブのような急カーブはない。また、集落内を通り抜けているとは言え早朝のため交通量は少なかった。

38.集落内にロックシェッドがある 39.鍋谷橋 40.最奥に製材会社がある
 短いロックシェッドを通過して集落の最奥部を通過すると沿線には製材会社が目立つようになる。これらが稼働している日であれば材木を積載したトラックが通行するであろう事は容易に想像がつく。これまで複数の大型車通行不可の看板が立てられていたが、材木を積んだトラックが走っているのを見て和歌山県に通り抜けられると思い込んで進入したトラックでもいたのだろうか。

41.左はバイパス工事現場 42.大型車の最終転回場所 43.「その他の危険」
 最後の製材所を通過するとセンターラインがなくなる。左側には鍋谷川が流れており、父鬼バイパスの工事現場が見える。(仮称)第二トンネルと(仮称)第三トンネルの間の区間であり地上を走っている。その現場の近くで大型車の最終転回場を通過する。転回場と言っても乗用車はともかく大型トラックであれば切り替えしなしでの転回はほぼ無理だろう。最終転回場からは道幅が狭くなるが、1.5車線程度で父鬼集落内に比べて狭い訳ではない。

44.不法投棄を通報すれば沖縄に行けるかもしれない 45.橋のフェンスは不法投棄対策か 46.狭い部分にも不法投棄対策
 父鬼川の左岸を南下しており、父鬼川を渡っている場所はないが流れ込む沢が多いため自然とそれを越えるために渡る橋も多い。その中のひとつ、明神谷橋には不法投棄を通報して沖縄旅行を当てようという趣旨の看板がフェンスに取り付けられている。橋の欄干や崖側にはフェンスが張られている場所が多く、ほぼ間違いなく不法投棄対策と考えられる。比較的都市部に近く交通量が少ないため、やはりその手の不届き者が少なくないのだろう。

47.離合できない1.0車線幅区間が多い 48.奥笹尾橋 49.ガードレールの凹みは落石?
 不法投棄対策のフェンスの有無にかかわらず1.0〜1.5車線の狭路はカーブが多く見通しは余り良くない。また、この手のカーブが多い山岳狭路にしては勾配は急である。前述のとおり父鬼川に流れ込む沢を渡る橋が多い。

50.不法投棄対策箇所は多い 51.峠に近い方が広い 52.鍋谷峠
 父鬼川の源流付近を通過して川筋から離れてからも日が当たりにくい場所を走っており、特に雰囲気が変化する事もない。しかし、多少ではあるが道幅が広くなっており1.8車線幅程度はある。急カーブが少なくなってきた所で府県境の鍋谷峠を越えて和歌山県かつらぎ町に入る。峠は眺望が利かずこれと言って見所はない。大野町交差点からは約9.8kmの距離である。なお、峠の手前で異常気象時通行規制区間の終点を通過しているが、和歌山県に入ってすぐに再び規制区間となる。

国道480号 part2