国道404号
part2

R403相野原交差点〜R253犬伏交差点
長岡市→十日町市

32.R403と重複後も快走路 33.これから酷な区間に入る事なぞ想像もできない 34.平和橋の東詰の突き当たりは右折
 相野原交差点の南西に小国公民館と民俗資料館があるのだが、この日(2010年8月29日)は何やらイベントが開催されていたようで周辺の一部道路に14:00から通行止規制が入るようだったが、規制開始直前の13:50に通過したため難を逃れる事ができた。
 R403に重複してからもローカル快走国道が続いている。明るい雰囲気に加えて交通量も信号も少なく非常に走りやすい。しかしその走りやすさゆえに速度を出していると思わぬ所で足を掬われるかもしれない。相野原交差点から約3.2km南下した所、平和橋の東詰で市道とのT字路に突き当たり、ここを右折する。T字路の前後とも2車線だが、長岡市中心部から来た場合は一旦停止しなければならない点に注意を要する。

35.新潟r171交差点 36.カーブが多くなる 37.大貝トンネル
 平和橋で渋海川を渡り新潟r171と交差してから先はやや勾配が出てきてカーブが多くなるが、2車線なので走りにくい事はない。いくつかの小さな集落を通過しながら走っていると、渋海川を大三桶橋で渡り、大貝集落外縁を通って大貝トンネルをくぐる。

38.旧道と交差 39.快走路は突如終わりを告げる 40.離合不能の1.0車線
 大貝トンネルを抜けると十日町市に入る。緩やかな下り勾配の2車線道路で、大貝トンネル旧道と交差した直後にセンターラインがなくなり一気に1.0車線にまで狭くなる。約400m先のヘアピンカーブまでが1.0車線狭路となっている。道路脇の私有地を利用しなければ乗用車同士の離合もままならないが、集落の中を通っているせいもあって交通量は皆無ではない。

41.新潟r56交差点 42.r56交差点の先は改良工事中だった 43.渋海トンネル
 ヘアピンカーブ以降は若干上り勾配がきついものの2車線と整備されている。小白倉集落を抜ける辺りで左直角カーブしながら新潟r56との交差点を通過し、直後で再びr56交差点を通過する。なお、最初のr56交差点(西行き)は災害通行止めとなっていた。また、2ヶ所目のr56交差点の先では改良工事、おそらく歩道の設置工事が行われているところであった。工事現場の砂利道を抜けるとその後は2車線快走路となって大白倉集落を抜けて渋海トンネルをくぐる。

44.渋海トンネルの先もしばらくは快走路 45.またしても1.0車線と狭くなる 46.大倉トンネル
 渋海トンネルを抜けてすぐに旧道と合流し、さらに500m程は2車線となっている。先ほど通った大貝トンネル区間同様にトンネル工事に伴う改良区間が終わると1.5車線と狭くなってしまう。1.5車線幅の大倉トンネルを通過した直後も狭路となっている。

47.融雪水が漏れている? 48.十日町市赤谷 49.R252中仙田交差点
 大倉トンネルを出て約200m走るとセンターラインが復活して2車線になる。岩瀬集落を通り渋海川を渡り赤谷集落を通過し、そしてR252中仙田交差点に突き当たる。案内標識にはR252しか表記されていないが、R404はR403ともに左折である。

50.R252・R403重複区間 51.信号のない交差点を右折してR252から分岐
 中仙田交差点を左折するとR403に加えてR252とも重複する。しかし、表に出ているのはR252のみであり、おにぎりや案内標識にはR403はもちろんR404も表記されていない。道の駅「瀬替えの郷せんだ」を通り過ぎて渋海川を渡った先の信号のないT字路を右折するとR252から分岐する。R252からは分岐するもののR403とは重複しているため、またしてもR404は案内標識に出てこない。

52.R252分岐直後は2車線 53.大きく左にカーブして狭路化 54.十日町市室島
 R252から分岐してR403だけとの重複区間となっても2車線快走路が続いているが、中仙田集落を抜けるとセンターラインがなくなり1.5車線と狭くなる。道幅は狭くなるものの空が開けており見通しが良く、何より交通量が皆無なので酷道感は薄い。500m程狭路を走ると再びセンターラインが現れて2車線快走路となって室島集落に入る。

55.新潟r75交差点は右折 56.r75交差点直後で渋海川を渡る 57.雪崩に注意
 室島集落内で新潟r75との交差点を通過するが、ここは右折して橋を渡るのが正解である。直進のr75が1.0車線なので直進してしまう可能性は低いが、“狭い方が国道”というパターンは良くあるので酷道慣れしている人ほどルートミスする危険性が高いかもしれない。もっとも案内標識やらソトバやらが立っているので間違えようもないだろう。室島集落を抜けると渋海川沿いの2車線道路を走る。スノーシェッド内も2車線だが車線幅は若干狭くなっている。

58.おにぎりはもちろんR403のみ 59.広狭が混在している 60.小脇トンネル
 長短3つのスノーシェッドを抜けて大島橋を渡ると進行方向を西から南へと転じる。蛇行する渋海川をさらに2回渡ると1.0〜1.5車線狭路となる。室島集落手前の狭路区間と同じく明るい雰囲気の狭路である。夏休み最後の日曜日だというのにR252から分岐して以来未だに対向車が現れていない。

61.小脇集落の突き当たりを右へ進む 62.完全な1.0車線 63.荒瀬橋で渋海川を渡る
 小脇トンネルを抜けて約900m走ると小脇集落に至る。集落に入った所でT字路の様な所に突き当たり、R404(実質R403)は右方向へ進む。この小脇が旧川西町最後の集落でこの先は冬季閉鎖区間である。案内標識、所謂青看板が設置されておらずどちらが国道か悩む場所だが、お手製の看板とおにぎり下の補助標識によって右折である事が分かる。このT字路から約500m走ると右に大きくカーブして荒瀬橋で渋海川を渡る。

64.荒瀬橋の先は急勾配の狭路 65.急勾配を上り切ると緩やかな下り勾配になる 66.苧島集落まで狭い
 渋海川を渡ると左に大きくカーブしてからその先は勾配がきつくなる。1.0〜1.5車線のほぼ直線の急勾配を一気に上る。空が開けていて明るい雰囲気ではあるが、道路左右ともに崖という状況であるため土砂崩落や鉄砲水の危険性が高い区間でありその旨の警告が立っている。
 約1.0km走り右に大きくカーブした所で上り勾配が終わる。ここがかつて旧川西町と松代町との町境である。旧松代町に入って約700m走り苧島集落に入るまでは狭路が続いている。

67.十日町市苧島 68.苧島集落の先にも狭路が残る 69.R253・R403犬伏交差点を右折
 苧島集落で2車線快走路となって集落を走り抜ける。集落を通過すると1.0〜1.5車線狭路となってしまうが、1kmも進まないうちにセンターラインが現れる。渋海川の右岸をアップダウンとカーブを繰り返す2車線道路を走っているとR253犬伏交差点に突き当たる。R404はこの交差点をR403とともに右折する。もはや言うまでもないがここにもR404は表に一切出てこない。

国道404号 part3