国道307号
part1

R1池之宮北交差点〜R422下朝宮交差点
枚方市→京田辺市→井出町→城陽市→宇治田原町→甲賀市

1.R1・大阪r139池之宮北交差点 2.左側はクボタの工場 3.R1から離れても商業施設は多い
 大阪府枚方市の中心部のほぼ真東に位置するR1池之宮北交差点がR307の終点の交差点であり、ここから起点のある滋賀県彦根市に向かって走る。前述の通り中心部から離れているものの幹線国道たるR1との交差点とあって交通量は多く、また周辺には商業施設が密集している。R307は対面2車線道路で始まるが、交通量が多いため役不足な印象を否めない。直線で見通しの良い2車線道路を東進していると大阪r18池之宮4東交差点を通過する。池之宮北交差点から池之宮4東交差点までは沿線の商業施設が多い。

4.大阪r736津田中学校前交差点とJR片町線 5.津田山手交差点 6.R1(第二京阪道路)津田北町3交差点
 大阪r736津田町学校前交差点を通過した直後にJR片町線のガードをくぐる。北に藤阪駅、南に津田駅があるが、R307がそのちょうど中間を通っている。ガードを越えるとやや急な左カーブを曲がり、沿線の建物が少なくなった2車線道路を走る。緩やかな右カーブを曲がった先で市道との津田山手交差点を通過するが、この市道もR1とを結ぶルートであり沿線の建物が少なくごちゃごちゃしていない分だけ走りやすいかもしれない。
 津田山手交差点のすぐ先には第二京阪道路の高架をくぐるが、その両側の側道はR1のバイパスとして指定を受けている。第二京阪道はR307に接続している枚方東ICより北の区間は2003年3月に、南の区間は2010年3月に開通している。

7.大阪r17杉1交差点 8.バイパスにはゆずりゾーンあり 9.沿線に建物はない
 R1第二京阪バイパスとの津田北町3交差点から少し走った所に大阪r17と市道との杉1交差点を通過するが、右斜め前方の精華方面の市道がかつて国道だった道路である。7-9時の時間限定とは言え大型車両が進入できない道路で、沿線に建物が多く狭苦しいものの一応は2車線は確保されている。バイパスは沿線の建物が少なく見通しが良くて走りやすいが、上り勾配となっておりゆずりゾーンが設けられている。但し、その距離が長くなくてあまり使われないせいか、駐車車両がいる事も少なくない。譲り車線がなくなってからも走りやすい2車線道路が続いている。

10.大阪r71交差点 11.京都府京田辺市に入る 12.京都府に入ってからの方がカーブが多い
 バイパスの終わりは大阪r71との交差点である。バイパス開通前はr71が国道だったが、杉1交差点と同様に現在は道なりに走っていればバイパスの方を走る事になる。r71交差点からの左カーブを曲がり終えた所で府境を通過して京都府京田辺市に入る。府境は河内峠という峠だが京都府に入ってからも上り勾配が続いており、峠は少し京都府側にズレている。枚方市の東部清掃工場や産廃の事業所があるため平日はダンプの通行が多い。

13.京奈和道・田辺西IC 14.京都r22(山手幹線)との交差点 15.JR片町線を跨線橋で越える
 緩やかな勾配を下っていると京奈和道の田辺西ICを通過する。R24のバイパスとして建設されている京奈和道だが、2014年12月時点では部分部分しか開通していない。田辺西IC以降も緩やかな勾配を下り、京都r22(山手幹線)との交差点を通過して京田辺市役所の南を通過し、r22現道との京田辺市役所東交差点を通過する。京田辺市役所東交差点からは上り勾配となるが、これは地形によるものではなくJR片町線を越える跨線橋を通るためである。

16.市道との交差点 17.山城大橋 18.R24山城大橋東詰交差点
 跨線橋から東はほぼ平坦な状態を走る。京田辺市役所の近くを通り過ぎた事から市の中心部が近い事は分かるが、R307は南を迂回するルートであり市街地を通り抜けておらず建物が密集した狭苦しい道路ではない。六差路の交差点を通過すると上り勾配となった後に山城大橋で木津川を渡る。山城大橋は片側2車線だがR24山城大橋東詰交差点で左側車線が左折専用車線になってしまうため、R307甲賀・宇治田原方面に進むのであれば右側車線を走っている必要がある。なお、山城大橋の東側は井出町域にかかっているが、距離が短く橋上のみとあって町境標識は設置されてない。

19.城陽市に入る 20.青谷川の右岸を走る 21.JR奈良線をオーバーパス
 山城大橋東詰交差点の直後に城陽市の市境標識が立てられているが、市境そのものは交差点の西にある。井出町との市町境の青谷川の右岸を走っていると京都r70のバイパスとの交差点を通過してからJR奈良線をオーバーパスし、r70の現道との青谷橋交差点を通過する。

22.京都r70青谷橋交差点の東ではバイパスが工事中 23.バイパス建設区間と言えども2車線道路 24.南京都病院からは道路状況が良くなる
 青谷橋交差点の直後には右側にバイパス工事現場が見える。バイパスが建設されている区間は特に狭いという訳ではなくよく見られる普通の2車線道路で、強いて言えば歩道がなく家屋が密集しているため大型トラックには狭いと感じるかもしれない。南京都病院付近でバイパスの西側接続予定箇所があるようで以東は道路状況が良くなる。

25.沿線の建物は少ない 26.宇治田原町郷之口 27.京都r62郷之口下町交差点を右折
 南京都病院以西は道路状況は良くなると同時に山間部に差し掛かるため沿線の建物は少なくなる一方でカーブが多くなる。とは言えヘアピンカーブのような急カーブはなく、また勾配も緩やかなため走りやすいと言える範疇である。市町境を通過して宇治田原町に入ってすぐに住宅地の出入口の市道との交差点を通過するが、そこが峠となっており下り勾配に転ずる。緩やかに左にカーブしている緩やかな下り勾配の2車線道路を走っていると京都r62郷之口下町交差点を右折して甲賀・信楽方面に進む。甲賀と信楽が併記されているという事は平成の大合併前の甲賀“町”と信楽“町”を指しているものと思われる。

28.場所柄、製茶場が多い 29.町役場の真南は掘割 30.京都r783岩山交差点
 郷之口下町交差点からは宇治田原町の中心部の南部を走っており、沿線の家屋は少なくないが改良された走りやすい2車線道路なので走りにくさは感じない。その道路状況から察するに市街地を通り抜けている町道の中に旧道が含まれているものと考えられる。

31.山裾を快走 32.宇治田原町湯屋谷 33.大福トンネル
 京都r783岩山交差点からは沿線の建物が少なくなり、片方は山となっている状態を走る。宇治田原町の地形的な中心部には宇治田原工業団地があるが、その出入口に当たる町道との交差点で工業団地に進む車両が多いため、以東は目に見えて交通量が少なくなる。工業団地道路との交差点から西はさらに沿線の家屋が少なくなり谷筋を走る形になり、カーブが増えてくる。
 やや急な左カーブの先で大福トンネルをくぐり、右カーブを通過する。この右カーブに宇治田原カントリー倶楽部に出入りする道路が交差しているが、休日を中心にゴルフ場に進む車両が多いようでさらに交通量が少なくなる。俗に言う“高級車”は左折するものが多い。

34.建設中の奥山田バイパスの大杉トンネル 35.奥山田トンネル 36.奥に見えるのは奥山田二号橋
 交通量が少なくなった谷筋の2車線道路を走っていると前方に建設中のトンネルが見えて、その手前を左にカーブして2車線ながら狭い奥山田トンネルをくぐる。建設中のトンネルは大杉トンネルという名称で、建設中の奥山田バイパスを形成している。奥山田トンネルを抜けて奥山田集落に差し掛かると右、左と急カーブを走らなければならない。センターラインはあるもののカーブ半径が小さいため大型トラックは曲がりにくいカーブだろう。左急カーブの手前で前方に見える高架は奥山田バイパスの奥山田二号橋である。

37.奥山田集落内は1.5車線幅 38.工事は奥山田バイパスを指している 39.現道拡幅済み区間もある
 件の左急カーブの先でセンターラインがなくなり1.5車線幅と狭くなってしまう。離合できない程狭いという訳ではないが、大型トラックの通行が少なからずある区間である点を考えると役不足の道路状況と言える。集落の中を走り抜けているため現道を拡幅するのが難しく、橋梁とトンネルによるバイパスが建設されているのだろう。川に沿って細長い奥山田集落の西部でセンターラインが復活して走りやすい2車線道路になる。沿線に家屋のない掘割の区間には旧道が残っており、そこは家屋に挟まれた1.0車線幅と、乗用車でも通行に難儀した場所である。

40.茶屋トンネル 41.京都r283交差点 42.滋賀県甲賀市に入る
 旧道の跨道橋をくぐった直後に茶屋トンネルに入る。わざわざ跨道橋を造った旧道だが、その前後で封鎖されており一般車の通行はできない。茶屋トンネルを抜けた直後には信号機のない地味な京都r283交差点があるが、右折してr283に進めば裏白峠の旧道に至る。なお、r283は総延長は短いながらその大部分は1.0車線狭路という腐道である。
 r283交差点以降は登坂車線が設けられており、それが終わってすぐに裏白峠を越えて滋賀県甲賀市に入る。掘割となっている現国道の南側に旧道があり、沿線に家屋はないものの茶畑があるため閉鎖はされていないが、荒れているので4輪車での走行はまったくもってお勧めできない。

43.裏白トンネル 44.旧道との交差点を通過 45.R422下朝宮交差点
 峠を越えてすぐに右側に狭くて怪しげな道路が交差しているが、そこからも旧道に進む事ができる。その後緩やかな右カーブを曲がってから直線道路を走ると裏白トンネルに入る。トンネルを出ると旧道が交差しており、南側は和束方面への道路の(ごく一部)として機能している。
 裏白峠から続く緩やかな勾配を下り続ける。沿線の家屋は少なく改良された走りやすい2車線道路である。峠から約2.5km走るとR422下朝宮交差点に至る。案内標識に表記されていないが、ここからはR422が重複している。

国道307号 part2