国道499号

R3阿久根駅前交差点〜R202大波止交差点
阿久根市…
 …長崎市

1.R3阿久根駅前交差点 2.阿久根駅前交差点からR499方向を撮影 3.おにぎりが立てられている
 阿久根市の市役所からは少し離れているが、肥薩おれんじ鉄道の阿久根駅の真ん前、駅前のロータリーに接しているのR3阿久根駅前交差点がR499の終点である。R499の鹿児島県内の区間は100mにも満たない距離しかなく、案内標識は設置されていない。しかし、阿久根駅側にソトバが立てられているためR499が交差している事が確認できる。阿久根駅からR499を見ると距離が短いくせに片側2車線と過剰なまでに整備されている。また、交差点の直近におにぎりが立てられており、ソトバが見えなくても国道である事が分かる。付け加えておくと阿久根駅のロータリーは鹿児島r362(阿久根停車場線)に指定されているが、その延長は50m程度でソトバもヘキサもなくR499よりも分かりにくい存在である。

4.片側2車線 5.信号のある交差点を通過 6.阿久根駅方向を撮影
 阿久根駅前交差点からR499に進むと植栽と芝生のある中央分離帯で上下線を隔てられた片側2車線道路を走る。非常に緩やかな下り勾配となっており、鹿児島県内区間の中ほどに信号機付きの交差点がある。センターラインのない市道との交差点だが、意外にも国道側の待ち時間の方が長い。この交差点の阿久根駅前交差点寄りに2本目のおにぎりが立てられている。

7.港寄りの市道交差点は信号機なし 8.北さつま漁協前のT字路が阿久根港側端点 9.端点から阿久根駅方向を撮影
 信号付きの交差点からすぐに2ヶ所目の市道との交差点を通過するが、こちらは信号機も中央分離帯の切れ間もない。その先で北さつま漁協の建物の手前でT字路に突き当たるが、そこがR499鹿児島県内区間の端点である。建物の向こう側は海だが定期便の発着場所ではない。約900m北に定期便が発着する港があるが、阿久根大島との旅客航路しか就航していない。

 阿久根港と脇岬港の間の直線にして約73kmの区間はフェリーどころか旅客船すらも就航しておらず、R499を単独でトレースする事は不可能である。陸路での迂回距離は高速道路主体で約350km、一般道主体で310km、フェリー利用(蔵之元港〜牛深港、鬼池港〜口之津港=R389)で約200kmである。高速道路主体とフェリー利用で約5時間半、一般道主体で約7時間を必要とする。なお、最短の迂回ルートとなるR324の海上区間の富岡港〜茂木港航路は2011年9月をもってフェリーが廃止となり以降は高速船のみとなっている。


10.R499脇岬港側端点 11.漁港の雰囲気が漂う 12.長崎r34交差点を左折
 R499の長崎県内の区間は2009年9月21日、つまりR324トレース時の茂木港〜富岡港のフェリー待ちの空き時間に走行している。よって鹿児島県内区間を走行して大迂回をして走行しているのではない。5年半後の2015年4月30日に鹿児島県内区間を走行した事でようやく日の目を見る事になった。

 R499の長崎県の脇岬港端点は脇岬港の南部に位置した長崎r251との交差点である。交差点と言っても直角カーブに市道が交差している形状で信号や案内標識は設置されていない。しかしながらR499「ここから」と長崎r251「ここまで」というおにぎり&ヘキサが立てられているため、直角カーブが端点である事がよく分かる。端点から2車線道路で始まるが、長崎市街地向きが普通のアスファルト舗装なのに反対方向はコンクリート舗装である。脇岬港の南西の右カーブまでその状態が続くが、以降もアスファルト舗装とコンクリート舗装が混在している。
 端点から約700mで長崎r34との交差点を左折する。R499が長崎半島の西側を走っているのに対してr34は東側を走っている。R324の茂木港付近で交差している県道はr34である。

13.「長崎28km 三和14km」 14.海岸線沿いを走る 15.長崎r34行政センター前交差点を右折
 長崎r34交差点を左折してからはr34が重複しているが、おにぎり・ヘキサ串刺し標識は設置されていない。しばらく脇岬町の街中を走り、墓地を通り過ぎると海岸線沿いを走る。脇岬海水浴場の砂浜を通り過ぎると消波ブロックが置かれた海岸線を走る。遠方に見えているのは長崎市野母町である。その野母町の手前の長崎r34行政センター前交差点を右折して引き続き長崎方面に向かって進む。

16.行政センター前交差点からは上り勾配 17.緩やかな勾配を下る 18.再び海沿いを走る
 行政センター前交差点からは海から離れて内陸に進むためか上り勾配となっている。名もなき峠を越えて下りになるが勾配は緩やかである。野母崎総合運動公園の前で右にカーブすると再び海沿いを走る。何かと話題の軍艦島が4,5kmの沖合にあり、視線を左に向けると肉眼でも島を視認できる。

19.旧道(?)との交差点 20.旧道(?)合流後は上り勾配 21.左に見える島は高島か
 古里港付近から内陸に進み家屋が密集した中を走る。緩やかな勾配を上って弁天山の東を通過すると海沿いを走る。夫婦岩の近くを通過しカーブを描きながら海岸線沿いを北上する。左前方には高島や伊王島が見えるが、後者は長崎r250の伊王島大橋で本土と繋がっている。

22.黒浜トンネル 23.黒浜町の北部からセンターラインなし 24.岳路バス停付近は2車線
 夫婦岩から程なくして黒浜トンネルをくぐる。海寄りに旧道があったのだが南半分が欠損しており、また車止めのコンクリートブロックが置かれているため通行は不可能である。トンネルを出てしばらくは2車線道路だが、黒浜町集落の中でセンターラインがなくなり1.5車線狭路になってしまう。しばらく狭路が続き岳路バス停付近で2車線になるもバス停の前後だけである。R499は長崎半島の主要道路であり、道路状況の割に交通量は多い。

25.岳路バス停以降のも狭路区間あり 26.2車線快走路が復活 27.長崎市夏焼町
 岳路バス停以北にも狭路区間がある。走行した2009年から年月が経過しており多少改良されているようだが、狭路箇所は完全になくなっていない模様。センターラインがフッ化須して2車線道路になると快走区間が始まる。夏焼町で右の急カーブを曲がって程なくして長崎r224交差点を通過する。海沿いはこのr224が走っておりR499は内陸に進み、緩やかなアップダウンとカーブの2車線道路を走る。

28.長崎r224栄上交差点を道なりに左方向へ進む 29.大川沿いを北上 30.長崎市平山町以北は4車線
 高島町為石浄水場の東で長崎r224栄上交差点を道なりに左にカーブする。案内標識ではT字路に突き当たるかのような表記だが、道なりに走っていればR499をトレースできる。大川と名もなき山に挟まれた状態の2車線道路を北上していると平山台という新興住宅地の出入口の道路との交差点の手前で車線が増えて4車線道路になる。

31.2009年当時は4車線化工事中だった 32.現在はこの屈曲部も4車線化されている 33.4車線化工事完了区間に入る
 交通量が多くなった4車線道路を走っていると右側車線がなくなり対面2車線になったうえにかなり急なS字カーブを通過する。というのも過去の話で2015年現在は既に4車線化工事は完了しているためこの屈曲も解消されている。

34.交通量は多い 35.長崎r237小ヶ倉交差点を道なりに左へカーブ 36.小ヶ倉交差点からは2車線
 長崎r29江川交差点を通過し緩やかなカーブを描く2車線道路を走る。沿線には商業施設も多く、当然ながら交通量も多い。少しだけ鹿尾川に沿った後に鹿尾橋を渡る。この鹿尾川に沿っている区間だけ中央分離帯が設置されている。一旦中央分離がなくなるがすぐに復活し、片側2車線道路を走っていると長崎r237小ヶ倉交差点で右側車線が右折車線になってしまう。R499は小ヶ倉交差点を道なりに走るだけだが、交差点以降は対面2車線道路になってしまう。

37.セメント工場の奥に見えるのは長崎r51の女神大橋 38.左前方に長崎港が見える 39.長崎市戸町
 長崎湾に沿って2車線道路を走っていると前方の高い位置にある橋が見えるようになる。長崎港の港口に架けられた女神大橋で長崎r51に指定されている。その橋の真下にはr51との交差点があるが、大橋を渡るには高低差があるため一旦内陸に進んで戸町ICを利用する必要がある。r51交差点からも概ね長崎湾に沿って進んでいるが、海岸線に忠実に沿っている訳ではなく内陸を走っている箇所もある。

40.戸町トンネル 41.長崎湾に沿って走る 42.グラバー邸付近から4車線
 アプローズ長崎南という大規模マンションの下を貫く戸町トンネルをくぐり、左に右にカーブしている2車線道路を走る。ベイサイド迎賓館前の市道との交差点の手前から車線が増えて4車線道路になる。グラバー邸の西側を通過し、交通量の多い4車線道路を市街地に向かって進む。

43.長崎電気軌道並走区間は片側3車線 44.市民病院前交差点を左折
 長崎港松ヶ枝国際ターミナル付近からさらに車線が増えて6車線となり、松ヶ枝橋交差点からは上下線の間に長崎電気軌道が走っており片側3車線になる。市民病院前電停の直後の市民病院前交差点を左折するが、左折車線は2本設けられている。この交差点を右折すればながさき出島道路を経て長崎道(長崎IC)に行く事ができる。

45.出島電停を通過 46.R202・長崎r112大波止交差点
 市民病院前交差点からは間を走る長崎電気軌道がなくなるため上下合わせて6車線道路になるが、中島川に架かる玉江橋の手前で再び長崎電気軌道を挟んでの片側3車線道路になる。出島電停の脇を通過し、玉江橋を渡った先でR202・R206・長崎r112大波止交差点に至る。大波止電停の間に位置するこの交差点がR499の起点である。