国道480号
part6

R424丹後の森交差点〜R42有田大橋ガード下交差点
有田川町→有田市

244.丹後の森交差点からは1.5車線幅 245.左にカーブ 246.R424金屋交差点を右折
 丹後の森交差点からも道幅が狭くなり家屋が建ち並ぶ間を走り抜ける。緩やかな左カーブを曲がって少し進むと信号機のないT字路に突き当たる。案内標識がないため分かりにくいがR424現道との金屋交差点であり、R480は右折してR424に重複する。

247.R424重複区間 248.市街地を出ると2車線道路 249.R424中井原交差点を左折
 金屋交差点からも1.5車線幅程度の狭路が続いている。旧金屋町の中心部だった場所であり、沿線には店舗兼住宅が多い。100m程走るとセンターライン付きの2車線道路になり、有田川町役場の金屋庁舎の北にある中井原交差点を左折する事でR424から分岐して単独区間になる。R424現道との重複距離は300mに満たない。

250.中井原交差点からも狭路 251.五名谷川を渡る 252.狭路ながら直線で見通し良好
 中井原交差点からはR480の単独区間となるが、道幅はセンターラインのない1.5車線幅の道路で家屋が建ち並ぶ中を走る。五名谷川を渡ってからは1.0車線と乗用車のすれ違いも難しい状態だが、直線的で見通しが良いため対向車がいれば早めに認識できる。

253.町道との交差点を右折 254.和歌山r18糸野交差点を左折 255.町道を直進するとここで交差
 中井原交差点から約800mで町道とのT字路に至るが、ここは直進ではなく右折である。案内標識がなければ間違いなく直進してしまうだろう。町道との交差点を右折した直後に和歌山r18糸野交差点となるが、こちらは左折である。案内標識は設置されているものの交差点の奥の低い位置なので視認しにくく、ここも直進してしまってもおかしくない交差点である。糸野交差点の直後に左側に交差している道路があるが、前述の町道とのT字路を直進すればここに出る。

256.有田川の右岸を走る 257.有田川町丹生 258.丹生神社付近は2.0車線
 糸野交差点からは有田川沿いの2車線道路となっており、このまま有田市の市街地を経て終点まで快走できそうな雰囲気が出てくるが、現実は非情でまだ狭路区間が残っている。町道の丹生大橋の北詰付近は1.5車線と狭く、同じく町道の吉備橋の北詰付近は2.0車線程度と比較的余裕がある。有田川の南に比較的走りやすい和歌山r22のバイパスが有田川町の中心部を東西に貫いているが、狭いR480の交通量もそれなりにある。

259.有田川町賢 260.和歌山r159田殿橋北詰交差点 261.田殿橋北詰交差点からは2車線
 1.5車線狭路で賢集落を走っていると和歌山r159との田殿橋北詰交差点を通過する。その後はセンターラインが復活して2車線快走路となる。有田川の堤防上を走っており、右側の集落の方が低く出入りする道路はY字形状の交差点となっている。

262.和歌山r159田殿大橋北詰交差点と阪和道 263.須谷バイパス 264.有田市に入る
 和歌山r159のバイパスとの田殿大橋北詰交差点の直後に阪和道の有田川橋の下を通過する。阪和道とは直接の接続はなく少し南の有田IC(大阪方面)と有田南IC(田辺方面)が最寄りのインターチェンジである。
 阪和道から程なくして須谷バイパス区間に入り、さらに道路状況が良くなる。峠で川でも何でもない場所で市町境を越えて有田市に入り、直後にJR紀勢本線のガードをくぐる。その後は有田川と紀勢本線の間を西進する。

265.須谷バイパスの西端 266.旧道合流後は若干狭く感じられる 267.和歌山r164交差点
 須谷バイパス旧道との交差点を通過して左にカーブすると路側帯が狭くなる。道路両側に家屋が建っておりバイパス区間と比べると若干狭苦しさを感じる。紀伊宮原駅の南東で和歌山r164宮原橋北詰交差点を通過するが、ここを左折して宮原橋を渡った先の糸我交差点でR42と交差している。有田川町・有田市市境付近から西は有田川を挟んでR42が並走している状態である。その後r164とのY字形状の交差点を通過し、有田川の堤防を西の方角に走る。

268.意外にも有田川は二級河川 269.左に見える橋は有田中央大橋 270.和歌山r172保田橋北詰交差点
 堤防の上を淡々と西進する。右側には集落の向こうの山は頂上までほぼすべてミカン畑である。全国的に有名な有田ミカンの産地はここである。河川敷公園のふるさとの川総合公園の中ほどで市道の有田中央大橋との有田中央大橋北詰交差点を通過する。有田川は二級河川ながら川幅が広いのだが、意外に多くの橋が架かっている。とは言うもののセンターラインのない橋が多い中、有田中央大橋は貴重な2車線+歩道の走りやすい橋である。

271.有田市街地は右折 272.有田市役所の南を通過 273.和歌山r20・r174安諦橋北詰交差点
 有田市の市街地に入る手前で緩やかな左カーブを曲がるが、右折する下り勾配の道路が市街地を通り抜けておりR480の旧道の可能性がある。現在は引き続き堤防上を走っており市役所のすぐ南を通過するが、堤防道路とあってごちゃごちゃとした感じではない。有田川左岸のR42と箕島駅とを結ぶ和歌山r20・r174安諦橋北詰交差点を通過して、市役所から離れていく。

274.左に見えるのが有田大橋 275.有田大橋ガード下交差点 276.R42とは大阪・和歌山方面としか接続していない
 安諦橋北詰交差点からも有田川沿いを走っているが、右側の集落と同じ高さとなり堤防道路という感じではなくなる。前方に黄色い橋が見えてくるが、これがR42の有田大橋でありその北詰がR480の終点である。有田大橋の橋脚の手前で右にカーブしてR42・r173有田大橋ガード下交差点に至る。有田大橋に近接しているため橋との直接の往来はできず、必然的にR42との接続は大阪方面のみとなっている。R480を終点から走り始める場合は有田大橋を渡ってからの進入はできない。片方としか接続していないのは不便に思えるが、安諦橋や有田中央大橋が架かっているので日常生活には特に影響しないのだろう。