国道462号
part3

R299交差点〜十石峠
神流町→上野村

85.集落内の狭路 86.集落を出ると道幅が広くなる 87.連続雨量120mm以上で通行止
 R299交差点からはR299との重複区間となる。番号の若い国道と重複するのだが、重複した途端に集落内の狭路を走らされる。狭い所では1.0車線と乗用車同士の離合すらできない。さらには乗用車どころか中大型車両の通行もあるため通り抜けるのに難儀する区間である。紅葉シーズンは交通量が増えるためこの集落内の狭路区間の難易度は一気に上がる。神ヶ原集落を抜けさえすれば道幅は広くなりセンターライン付きの快走路となる。が、西に15kmの間は連続雨量120mmで通行止になる雨量通行規制区間である。

88.恐竜センターの前を通過 89.平原トンネル 90.上野村に入る
 恐竜センターの前を通り、神流川を渡ってから平原トンネルをくぐる。その後も蛇行する神流川を何度か渡る。川沿いの集落を通り抜ける道路がおそらく旧道であろう。神流川を渡った直後に上野村に入り、やや急な左カーブを曲がる。

91.以外にもR299・R462の串刺しおにぎりがある 92.道の駅「上野」 93.上野村も快走路が続く
 上野村に入ってから約2.9kmで道の駅「上野」を通過する。上野村においては集落があろうとなかろうと2車線であり、勾配がほとんどなく多少の急カーブがあっても道路状況が良いため余り気にならない。

94.父母トンネル 95.春らしく色とりどりの花が咲いていた 96.十石みそなるものがあるらしい
 道の駅を過ぎ上野村役場付近を過ぎると、上り勾配となって父母トンネルや乙父トンネルといったトンネルを抜ける。バス路線が神流川沿いの道路に設定されている事を考えると、トンネルはバイパスで川沿いの道路が旧道であると考えられる。

97.楢原トンネル 98.上野村ふれあい館の前を通る 99.群馬r124交差点
 緩やかなアップダウンを繰り返す快走路を走っていると楢原トンネルをくぐる。このトンネルが群馬県側で最も西に位置するトンネルである。その後も神流川の右岸を走っていると観光案内所の上野村ふれあい館を通過する。十石峠に向けての最後の休憩ポイントである。
 ふれあい館から程なくして群馬r124との交差点を通過する。十石峠が通行止の場合は左折してr124でぶどう峠を越えるルートが一般的である。ただし、どちらの峠道も冬期は閉鎖される。十石峠の東の狭路区間の迂回路となる矢弓沢林道もr124を経由する必要がある。

100.r145交差点の西で幅員減少 101.連続雨量100mm以上で通行止になる 102.群馬r45交差点
 r124交差点を通過して神流川を渡った先で旧R299&旧r124と交差する。そしてその先ではスッパリと1車線がなくなってしまう。その後は1.5車線幅になってしまうが、拡幅工事が行われていたので近いうちに2車線区間が延伸されるだろう。
 r124交差点から約800mで群馬r45との交差点に至る。R462(実質R299)の十石峠の東にあって最後の迂回ポイントである。かつては狭くてカーブが多い塩之沢峠を越えていたが現在は塩の沢トンネルが開通しており容易に南牧村まで行く事ができるようになった。最後の迂回ポイントだがここに来てようやく十石峠が通行止という事実を知らせる電光掲示板や看板が確認できる。ゲートで閉鎖されていないどころか設置すらされていないため、行ける所まで行こうと車を進める。

103.まだ本領を発揮していない十石峠 104.群馬県側最後の集落、黒川 105.道幅は1.5車線程
 r45交差点から奥にも集落があるため道幅は1.5車線と決して広くはないが落石等もなく神経をすり減らしながらの走行とはならない。最後の黒川集落を過ぎると閉鎖ゲートを通り抜ける。ここにも通行止と迂回路を示す看板が置かれていたが、ゲートが開放されていたため、このまま峠まで行けるのではという気持ちになってしまうのは無理からぬ事だろう。

106.黒川集落以降は1.0車線幅 107.ガードレールは整備されている 108.養豚場の脇で簡易閉鎖ゲートあり
 閉鎖ゲートから奥は集落がないため道幅は1.0車線と狭く路肩に堆積する落ち葉の量も多いように感じられる。ガードレールは設けられていて転落の可能性は低い。r45交差点から約2.1km、黒川のゲートから約600m走ると閉鎖ゲートにより進入を阻まれる。すぐ傍には養豚場があるためここまでは車両の往来があるためゲートが閉鎖されていなかったのだろう。ここに設置されているのは簡易のゲートなので移動させれば通行できない事もないが、さすがにそこまでして走ろうとは思わない。ゲート傍の迂回路の案内に従って矢弓沢林道を走るべくUターンをする。

2008年11月15日(R299走行時)
109.オーバーハングにより3.5m超車両は通行不可 110.勾配は比較的緩やか 111.台風による崩落復旧現場
 およそ10kmの通行止区間内は2011年11月15日のR299走行時の写真を使用する事にする。すでに3年半前なので多少の変化はあるだろうが、トンネルが開通していたり大幅なルート変更が行われいたりという事はないだろう。今回通行止の原因となった場所が復旧もしくは改良されている程度だと思われる。

 r45交差点から約2.5km走ると法面のオーバーハングに注意を促す看板が現れる。その看板を越えてすぐに落石防止ネットに落ち葉を蓄えたオーバーハングを目にする事になる。オーバーハングとしては強烈なインパクトを持つものとは言えないが、道幅が狭い事もあって大型車両であれば接触の可能性は充分に考えられる。“考えられる”と言うよりそのシーンを目撃している。その後は1.0〜1.5車線の狭路を走る。勾配は緩やかだが小刻みなカーブが連続しておりスピードを出す事はできない。
 
r45交差点から約6km走ると路面がまだ新しいと言えるアスファルトとなる。ガードレールには苔らしきものが付着しておらず、行く手には完成して余り年月が経過していない橋が見えてくる。さほど古くない橋ではあるが幅は広くなく乗用車同士の離合がかろうじて行える程度である。新しい舗装に新しい橋・・・それらから考えられるのは崩落。1999年8月に台風による崩落が発生し1km弱の区間が失われている。その一部は橋上から見ることができる。

2008年11月15日(R299走行時)
112.酷道におにぎり 113.離合箇所は少ない 114.矢弓沢林道との交差点
 大崩落地点を過ぎると舗装の状態が幾分かマシになる。舗装は悪くないものの落石が所々あり路肩の落ち葉も相まって走りやすいと言える状況ではない。そんな状況ではあるがおにぎりはきっちり立てられており改めてここが国道だと認識させられる。
 カーブの連続する狭路をひたすら進む。関東最凶の酷道と名高い十石峠ではあるがガードレールの設置率は比較的高くカーブミラーもそれなりに設置されている。勾配は基本的には緩やかだが急勾配となる箇所もあり、そこで標高を一気に上げている。r45交差点から10km強走ると矢弓沢林道と接続するヘアピンカーブに至る。

 今回(2014年5月3日)の通行止区間は養豚場〜矢弓沢林道交差点までであり、ここからは再びR462走行時に撮影した写真を使用する。通行止区間の距離はおよそ10kmであるが、全区間に渡って崩落等しているのではなく僅かな距離の崩落だが迂回路を考えると前述の区間を通行止にせざるをえないのだろう。

115.矢弓沢林道との交差点で閉鎖 116.ゲートを正面から撮影 117.迂回路の矢弓沢林道
 r145と矢弓沢林道を通って迂回してR462(実質R299)に復帰する。西側の通行止ゲートも簡易的なものだが舗装外の部分まで広くガードしている。また、針金で結束されており東側のゲートに比べてガードが固い。迂回路の案内図に工事箇所の記載があり、西側から入った方が距離が短いのだが、おそらくは東側から出入りしているものと思われる。通行止区間は10km弱だが、迂回に要する距離は11km強である(養豚場〜r145交差点含む)。矢弓沢林道はウォッちずでは国道の西2.5km程が点線で表記されているが、道幅は狭くカーブも多いが全線舗装されており乗用車の通行であれば通行止区間と比べても大差ない状況である。

118.矢弓沢林道から十石峠方向を撮影 119.比較的空が開けている 120.材木の切出し場
 矢弓沢林道との交差点からも狭路+カーブ連続という相変わらずの状態が続く。大型車の通行が不可能と警告されているため大型貨物車が対向車として現れる可能性は低いが、乗用車であれば少ないながらも遭遇する可能性はある。ガードレールが設置されているので転落の可能性は少ないが、カーブが連続しておりブラインドカーブも多いためいくら交通量が極少ないと言っても神経をすり減らしながらの走行となってしまう。

121.急カーブが多い 122.高圧送電線が通っている 123.十石峠には展望台がある
 十石峠に近付くと等高線沿いながら勾配がややきつくなる。景色が開ける場所もあり随分高く上ってきた事が分かる。矢弓沢林道との交差点から約2.8km、左の急カーブを曲がると群馬県と長野県の県境でもある十石峠に到着する。峠の近傍には展望台が設けられており十石峠のランドマークとも言える。

124.長野県佐久穂町に入る 125.逆方向を撮影 126.「妙義荒船佐久高原国定公園 十石峠」
 十石峠には展望台の他に駐車場とトイレまで備えられており、酷道の峠としては破格(?)の扱いとなっている。駐車場と展望台の脇に長野県佐久穂町と群馬県上野村の県境標識が立てらている。長野県佐久穂町は近年立て替えられてようできれいだが、群馬県上野村は文字が所々欠けている。また、群馬県側に十石峠林道、長野県側に曲久保林道が接続しているが、どちらもゲートが閉ざされている。

127.展望台から峠を見下ろす 128.展望台から東を望む 129.展望台から南東を望む
 峠の眺望は利かないが展望台に上る事で360度周辺の山々を見る事ができる。展望台には山の形状と名称を記したものがあるが、東と東南方向のみである。北から西にかけては山容が見えにくいからかもしれない。

国道462号 part4