国道438号
part2

R193交差点〜徳島r260交差点
神山町→美馬市

46.道幅は1.5車線程度 47.大型車の離合には非対応 48.2車線に見えるが実質は退避スペース
 R193が分岐してからもR439との重複は続いている。R193が勾配を上って鮎喰川流域から離れるのに対して、R438は引き続き鮎喰川に沿ってほぼ平坦な状態を維持している。大型車の離合ができない1.0〜1.5車線幅狭路を走っているとセンターラインが現れるが、その距離は非常に短く退避スペースとしてしか機能していない。36kmのキロ表示の先で鮎喰川を渡るが、ここからつるぎ町一宇桑平までの区間は雨量通行規制区間に指定されている。その距離は54.7kmと非常に長い。

49.沿線には家屋が点在している 50.建設会社の建物は比較的新しい 51.路面がきれいな箇所もある
 鮎喰川に沿って点在する家屋を繋ぎながら狭路を走る。離合できない場所も少なからずあるが、1.0車線狭路ばかりではないので適宜離合できる場所が確保されている。国道沿いの家屋は少ないが山の斜面にも家屋は存在している。そのため人里離れた場所とは感じないが、寂しげな雰囲気である事は否定できない。

52.比較的広い区間もある 53.樫平集落(?) 54.落石注意
 規模の小さい集落を結びながら鮎喰川沿いを淡々と走る。集落を通っているとはいえ小規模なものばかりで交通量はほとんどない。山間部ではあるが鬱蒼とした木々に覆われている訳でもなく、カーブも緩やかなものが多い。

55.廃屋も結構存在する 56.神山町側の最後の集落、本根川(ほねがわ) 57.神山シャングリラ園
 道路沿いに建っている家屋のうち廃屋もしくは常時使用されていないものも散見される。寂しげな雰囲気は廃屋が醸し出しているせいもあるだろう。右のヘアピンカーブで鮎喰川を渡り、等高線沿いに進んでから左のヘアピンカーブを曲がり川から離れる。神山町側の最後の集落である本根川集落を通り過ぎると本格的な山道区間に入るが、勾配はさほど急ではない。

58.勾配は比較的緩やか 59.川井トンネル
 鬱蒼とした樹木に日光を遮られた1.0〜1.5車線幅のカーブの多い道路を走る。少ないながらも路上に落石が散らばっている箇所もあり、路肩は杉の枯葉が堆積している。R193・R439交差点から約8.7kmで川井トンネルに至る。3.6mの制限高が設けられている川井トンネルの全長は186mと府能隧道とほぼ同じ長さだが、今のところバイパス等で大幅改良される予定はなさそうである。この川井トンネルが市町境となっており西側は美馬市である。

60.川井トンネル以西は美馬市 61.美馬市の境標識がおにぎりに隠れている 62.見ノ越まで通行規制区間
 川井トンネルを出てすぐの地点の左側には乗用車が20台程停められる駐車場が設置されている。災害復旧工事の際には資材や工事車両置き場になる模様。R193分岐後に異常気象時通行規制区間に入ったと書いたが、もちろん川井峠(トンネル)から西の区間も含まれている。

63.川井峠のしだれ桜 64.酷道区間にも路面KPあり 65.緩やかな勾配の狭路
 トンネルから100m少し進むと早くも美馬市側の最初の家屋が現れる。白い神社付近にはしだれ桜咲いており、川井峠のしだれ桜はそこそこ有名らしく早朝にも関わらず見物客がいた。標高が約700mで下界(吉野川流域)に比べて1週間程遅く満開になるようだ。しだれ桜を見ながら峠付近の小さな集落を通り抜けると1.5車線幅の狭路を緩やかに下る。

66.左上に見えるのは川井峠のしだれ桜 67.しだれ桜は峠近辺だけではない 68.斜面に家屋が点在している
 トンネルから約1.2km走ると左ヘアピンカーブを曲がり、その後も2ヶ所のヘアピンカーブを曲がる。正面に川井峠方向を見る区間もあるが、しだれ桜の淡い桃色が緑色に映えているため目立つ。さらに付け加えるとしだれ桜があるのは白い神社付近だけではなく、R438沿線に何ヶ所かある。またかなり山深い場所であるが家屋が点在しており、国道沿いだけでなく山の斜面にも建っている。

69.中央分離帯のあるカーブ 70.美馬市木屋平川井 71.R439・R492交差点
 緩やかな勾配ながら急カーブを含めカーブの多い1.5車線狭路を走る。神山町側と同様に交通量は極めて少なく、長閑な山村風景といった感じである。川井トンネルから約6.1kmで旧小屋平村の役場(現在の美馬市役所木屋平総合支所)のある村の中心部を通ってきたR492が交差してくる。右カーブに交差しているため初見では分かりにくい交差点形状だが、道なりに右へカーブすればR438をトレースできる。この交差点からはR439に加えてR492も重複しており、R492に至ってはR439とともに京柱峠を越えて高知県大豊町のR32・R439高須交差点まで全てR439との重複区間となっている。

72.R439・R492交差点からは2車線道路 73.おにぎりはR438のみ 74.スパッと1車線なくなる箇所がある
 穴吹川の右岸をアップダウンの少ない2車線道路を快走する。カーブは多いものの2車線と整備されているため走りにくさはあまり感じない。そんな快走路の中で八幡集落には1.0車線と狭くなる箇所がある。家屋1軒分と短い距離である事から土地の買収に失敗したのかと邪推してしまう。

75.標高400m付近の桜は散り始め 76.「R438-55」 77.徳島r260交差点からは狭くなる
 八幡橋を渡って穴吹川の左岸に移ってからも2車線快走路が続いている。道路沿いだけでなく山の斜面にも家屋が建っており、賑やかさはないものの人里離れた山岳地帯でもない。2車線快走路は太合谷川が穴吹川に合流する地点にある徳島r260交差点までである。交差点の手前でセンターラインがなくなり、交差点を通過した直後に太合谷川に架かる滝の宮橋を渡る。なお、r260にはつるぎと案内されているが、市町境が分断されているため市/町道を経由する事になる。R438の見ノ越区間をショートカットできるが、国道ですら酷い状態なので市/町道は推して知るべしといったところだろうか。

 分断県道の交差点という中途半端な位置だが、このまま見ノ越まで続けると長くなってしまうため、次のパートに譲る。

国道438号 part3