国道411号
part3

山梨r201交差点〜R52甲府警察署前交差点
甲州市→山梨市→笛吹市→甲府市

82.山間部を抜けての下り勾配が続く 83.連続ヘアピンカーブもまだある 84.左手には盆地を望める
 山梨r201交差点を過ぎると谷筋は抜けるため明るい雰囲気になるものの下り勾配は続いており、まだ連続ヘアピンカーブが待ち構えている。ヘアピンカーブを過ぎると急カーブはなくなるが下り勾配は続いている。道路左側は重川の造る谷筋となっており遠く甲府盆地まで見渡せる。その盆地まで下るのがR411である。

85.徐々に沿線の建物が増えてくる 86.甲府まで20km 87.重川を渡った先で旧道が右に分岐
 下りが続くものの徐々に勾配は緩やかになってくる。そして沿線の建物の数も徐々に増えてくる。広域農道、塩山フルーツラインとの交差点を通過し、重川を渡った先で旧道が右側に分岐している。かつては甲州市(旧塩山市)の中心部を屈曲しながら通り抜けていたR411もバイパスで市街地を迂回するルートに変更されている。

88.JR中央本線をアンダーパス 89.見通しが良く走りやすい 90.旧勝沼町に入る
 バイパスに入り再びr201と交差してから程なくしてJR中央本線をアンダーパスする。旧道であってもこの中央本線は踏切ではなくアンダーパスであった事を付け加えておく。アンダーパスの直後で山梨r38赤尾交差点を通過し、その後は非常に緩やかな下り勾配の見通しの良い快走路となる。信号もほとんどない。
 赤尾交差点から約2.4kmで旧道に当たる山梨r34との西広内田橋南交差点を通過し、その直後に旧勝沼町域に入る。平成の大合併後に甲州市となり町境標識は不要になったため、勝沼町の文字が入っていたであろう場所におにぎりが上書きされている。山梨県ではこのパターンが多く他の場所でも同様の物が見られる。

91.沿線には果樹園が並ぶ 92.山梨r34等々力交差点を右折 93.山梨市に入る
 旧勝沼町に入ってからは沿線には果樹園が目立つようになる。収穫期の秋を中心に週末はこれらを目当てにした行楽客が多く押し寄せる。
 南進し続けていると山梨r34等々力交差点を右折して方角を西に向ける。等々力交差点から約600mで甲州市を出て山梨市に入り、日川の右岸を走る。

94.商業施設も増えてくる 95.山梨r211・r306日川橋南詰交差点を右折 96.笛吹川堤防を走る
 山梨市に入ってからも道路状況に大きな変化はないが、沿線には家屋や果樹園の他に商業施設も目立つようになる。それに呼応するかのように交通量も増えてくる。山梨r202一町田中交差点を通り過ぎた直後に左にカーブして日川橋を渡り、南詰で山梨r211・r306日川橋南詰交差点を右折する。案内標識では右カーブにr211とr307が交差しているような表現だが、ここは右折と言った方がしっくりくるだろう。日川橋南詰交差点から直線道路を走っていると左に緩やかにカーブして笛吹川の堤防を走る。

97.笛吹橋南詰で右急カーブ 98.笛吹橋 99.今度は笛吹川右岸の堤防を走る
 笛吹川左岸を走っているとすぐに信号のない山梨r312交差点を通過してその直後で右に直角にカーブして笛吹橋を渡る。橋を渡り切った所のr312石和温泉郷東入口交差点を左折して笛吹川右岸の堤防上を走る。

100.山梨r301八田交差点を右折 101.甲府市に入る 102.甲府市に入っても直線基調
 堤防上を走っていると約1.3kmで山梨r301八田交差点となり右折して堤防から離れる。直進してr301に進めばR20や中央道の甲府南ICに至る幹線道路だけあって直進する車両も多い。八田交差点から約1.1km、第二平等川を渡ると甲府市に入る。甲府市に入ってからも平坦で直線的な状態が続いているが、道路両側を建物に挟まれているため解放感は薄れていく。

103.R140横根跨線橋南交差点 104.「甲府駅前まで約10分」 105.JR身延線のガードをくぐる
 甲府市に入ってから約1.7km走るとR140横根跨線橋南交差点となる。奥多摩町西部で交差したR139以来57km振りの国道との交差点である。この横根跨線橋南交差点から西のR411のルートは2本ある。交差点を直進する現道と左折してから右折して西進するバイパスである。2011年11月現在バイパスは全通しておらず東側は現道に接続しておらず、ここは直進して現道へ進む。
 横根跨線橋南交差点から西は甲府市の市街地に近付き、またJR中央本線沿線でもあるので市街地が形成されており交通量が増えるうえに歩道が完備されていない走りにくい状況となっている。JR身延線のガードをくぐった直後には左、右のシケイン状に進まなければならないので要注意。案内標識はないが大きな道路が交差している訳ではないので道なりに進んでいれば国道から外れる事もない。

106.甲府駅まであと2km 107.金手駅の南にもシケイン 108.こちらも道なりに右に折れる
 身延線ガード傍のシケインを通過してから約900m西、金手駅のほぼ真南でも左、右のシケインが用意されている。左カーブを曲がった直後に右に道路が接続しているがそちらは市道でしかも東向き一方通行なので右折する事はできない。その先の右カーブを道なりに進む方が国道である。

109.甲府市の中心部 110.山梨r3NTT西交差点の先にS字カーブあり 111.R52・R358甲府警察署前交差点
 2ヶ所目のシケインからは山梨県の県庁所在地らしく周囲に中高層ビルも増えてきて、交通量も信号も増える一方となる。山梨r3NTT西交差点を通過してその先の桜通り中交差点は交差点の前後で車線がずれているので通過の際は注意が必要である。左手に甲府警察署の建物が見えてきてその北側を走っているとR52R358甲府警察署前交差点に至る。